これまでレース各所で1,000戦までのカウントダウンする様子がみられました。果たしてF1の記念すべき1,000戦にふさわしいレースになるのでしょうか。盛り上がりも1,001戦になった途端に急に萎んだりしないか心配になります。
image
《中国GPの基本情報》
   上海国際サーキット
      全長           :5.451km×56周=計305.066km
      コーナー数:16箇所
      高低差       :7.3m
      DRS区間数:2箇所
      母国GP      :該当なし

《中国GPの個人的印象》
   ・長い直線はパワフルエンジンが絶対有利
   ・1,2は右、3コーナーは左に回り込み波乱
   ・そのコーナーゆえフロントタイヤに厳しい
   ・バーレーンと違って日本のように雨は降る

ここも抜けないサーキットではないと思います。長いストレートもあるし、フロントタイヤになかなかダメージを与えてくれるので、レース後半に動きがありそう。昨年はコーナーの飛び込みで「ビッグブレーキング」かます人がいましたので盛り上がった記憶。ただ肝心なその人、今年はそこまで勢いがない。

《過去5年のポールポジション》
   2018年 ベッテル   (フェラーリ)
               1分31秒095
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
               1分31秒678
   2016年 ロズベルグ(メルセデス)
               1分35秒402
   2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分35秒782
   2014年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分53秒860

《ポールポジションレコードタイム》
   2018年 ベッテル    (フェラーリ)
               1分31秒095

《現役ポールポジション獲得者と回数》
  (★はその年のチャンピオン)
   6回 ハミルトン(2007,08★,13,14★,15★,17★)
   4回 ベッテル    (2009,10★,11★,18)

現役でポールポジションを獲得しているのはたったの2人。それも複数回獲ってしまっているので、そろそろニューフェイスがあってもいいかな。

《過去5年の優勝者》
   2018年 リカルド   (レッドブル)
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
   2016年 ロズベルグ(メルセデス)
   2015年 ハミルトン(メルセデス)
   2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者と回数》
   5回 ハミルトン(2008★,11, 14★,15★,17★)
   1回 ライコネン(2007★)
         ベッテル    (2009)
         リカルド    (2018)

優勝となると、キングが頭一つ飛び出した「チャイナマイスター」っぷり。ベッテルとはなんでこんな差になるんでしょうね。今シーズンはその兆候をこの序盤から醸し出していますね。そんな事では本当に若いのに座を奪われてしまうぞー。

《過去5年のファステストラップ獲得者》
   2018年 リカルド              (レッドブル)
   2017年 ハミルトン           (メルセデス)
   2016年 ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
   2015年 ハミルトン           (メルセデス)
   2014年 ロズベルグ           (メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
   4回 ハミルトン          (2008★,10,15★,17★)
   1回 ライコネン          (2005)
         ベッテル              (2013★)
         ヒュルケンベルグ(2016)
         リカルド              (2018)

ファステストラップはいつも見かけないレアな人が一人。予選王。2016年にストレート番長な車で獲っています。今乗る黄色い車では、結構キツいかも(笑)

《使用されるタイヤコンパウンド》
   赤:コンパウンド4(C4)
   黄:コンパウンド3(C3)
   白:コンパウンド2(C2)

さあ記念すべき1,000戦目のポールを獲得するのはだあれ?

《中国GPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.ラッセル             (ウィリアムズ)
 19.クビカ                 (ウィリアムズ)
 18.ジョビナッツィ   (アルファロメオ)
 17.ストロール          (レーシングポイント)
 16.ペレス                 (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.アルボン              (トロ・ロッソ)
 14.ライコネン          (アルファロメオ)
 13.クビアト              (トロ・ロッソ)
 12.ガスリー              (レッドブル)
 11.リカルド              (ルノー)
〜Q3〜
 10.マグヌッセン       (ハース)
   9.グロージャン       (ハース)
   8.ノリス                  (マクラーレン)
   7.サインツ              (マクラーレン)
   6.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ルクレール          (フェラーリ)
   3.ボッタス              (メルセデス)
   2.ハミルトン          (メルセデス)
P.P.ベッテル              (フェラーリ)

肝心なのはポールポジションでなく優勝なんですが。優勝以前に未だ表彰台ゼロの一応4回チャンピオンに期待、というより、早くもそろそろヤバい。だって予想より早く「弟」が台頭してきたじゃん、慣れが早いし、ポイント上も若干ながら負けている。まだ序盤だから一般的に焦るには早い時期だけど、チャンにはその状況がさらに追い打ちをかける。打破できないと、立場はますます悪くなる。頑張ってというしかできない。
今回はマクラーレンを上げ目にしました。優秀な後輩に対して、こちらもいいところ見せられていないですからね、サインツ頑張れ!逆にガスリーとリカルドはまだ低い位置をさまよっています。悔しければ、結果で示してくれ!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村