夜のバーレーンです。今昼間にやったら、あるチームはグズグズになって走れないとかあっても面白いんですが、ドライバー側からしたらたまったモンじゃないですね。
IMG_9003
《バーレーンGPの基本情報》
   バーレーン国際サーキット
      全長           :5.412km×57周=計308.484km
      コーナー数:15箇所
      高低差       :15.2m
      DRS区間数:3箇所
      母国GP      :該当なし

《バーレーンGPの個人的印象》
   ・優勝してもココはアルコール禁止
   ・砂漠の中で路面が汚れており滑りやすい
   ・日本にはありがた迷惑?!ナイトレース
   ・4本のストレートを擁する中高速ストップ&ゴー

今シーズンからDRSが1箇所追加されて、3箇所になりました。追加されたのはターン3の先の直線区間です。直線は全てそうしちゃう魂胆か!それならば、来シーズンはもう1箇所追加されるわけだな(笑)今回追加することはチャーリー・ホワイティングも知っているのでしょうか。チャーリーに聞いてみますか?

《過去5年のポールポジション》
   2018年 ベッテル   (フェラーリ)
               1分27秒958
   2017年 ボッタス   (メルセデス)
               1分28秒769
   2016年 ハミルトン(メルセデス)
               1分29秒493
   2015年 ハミルトン(メルセデス)   
               1分32秒571
   2014年 ロズベルグ(メルセデス)   
               1分33秒185

《ポールポジションレコードタイム》
   2018年 ベッテル   (フェラーリ)
               1分27秒958(全長5.412km)

《現役ポールポジション獲得者と回数》
  (★はその年のチャンピオン)
   3回 ベッテル    (2010★,12★,18)
   2回 ハミルトン(2015★,16)
   1回 クビカ       (2008)
          ボッタス   (2017)

今回こちらの現役メンバーからアロンソがなくなりました。ただ新たに追加されたのは復活クビカです。可哀想だけどちょっとあのマシンではなぁ。。ゼロとは言わない、極めて厳しい。個人的にはハミルトンでない人がいいなぁ。ルイスならいい?!と言われたら困るけど(笑)

《過去5年の優勝者》
   2018年 ベッテル    (フェラーリ)
   2017年 ベッテル    (フェラーリ)
   2016年 ロズベルグ(メルセデス)
   2015年 ハミルトン(メルセデス)
   2014年 ハミルトン(メルセデス)

《現役歴代優勝者と回数》
   4回 ベッテル    (2012★,13★,17,18)
   2回 ハミルトン(2014★,15★)

優勝者となると、二強に絞られます。ポールも優勝もベッテルの方が多め。そりゃいくつかはね、ベッテルが得意なところがあってもいいですよね。バーレーンは開幕や開幕直後に行われてきました。この序盤から負けちゃう様では本当にヤバいということ。

《過去5年のファステストラップ獲得者》
   2018年 ボッタス   (メルセデス)
   2017年 ハミルトン(メルセデス)
   2016年 ロズベルグ(メルセデス)
   2015年 ライコネン(フェラーリ)
   2014年 ロズベルグ(メルセデス)

《現役ファステストラップ獲得者と回数》
   2回 ベッテル    (2012★,13★)
   1回 ライコネン(2015)
          ハミルトン(2017★)
          ボッタス   (2018)

現役上位ドライバーが突出することなく獲得しています。2戦連続の獲得なるか、これらいつもの面々からか、はたまた新規獲得者が現れるか、今シーズンはこちらの楽しみも出てきますね。

《使用されるタイヤコンパウンド》
   赤:コンパウンド3(C3)
   黄:コンパウンド2(C2)
   白:コンパウンド1(C1)

このバーレーンGPでC1が初採用になります。昨年までの呼び方をするならばソフト、ミディアム、ハードの3種となり、今シーズンは1段階硬い側が選ばれています。これは決勝での話にはなりますが、先日振り返った「トヨタの中間スティントでハードを選んだ悪夢」みたいにはならないと思います。

《バーレーンGPの個人的予選予想》
〜Q1〜
 20.クビカ                   (ウィリアムズ)
 19.ラッセル               (ウィリアムズ)
 18.ストロール            (レーシングポイント)
 17.ジョビナッツィ     (アルファロメオ)
 16.ペレス                   (レーシングポイント)
〜Q2〜
 15.アルボン               (トロ・ロッソ)
 14.サインツ               (マクラーレン)
 13.ライコネン           (アルファロメオ)
 12.ガスリー               (レッドブル)
 11.リカルド               (ルノー)
〜Q3〜
 10.ノリス                  (マクラーレン)
   9.クビアト               (トロ・ロッソ)
   8.マグヌッセン        (ハース)
   7.グロージャン        (ハース)
   6.ヒュルケンベルグ(ルノー)
   5.フェルスタッペン(レッドブル)
   4.ボッタス              (メルセデス)
   3.ハミルトン           (メルセデス)
   2.ルクレール           (フェラーリ)
P.P.ベッテル               (フェラーリ)

今回はフェラーリにかけてみようと思います。バーレーンマイスターのベッテルが前、あわよくばルクレールの初ポールなんてこともあり得ます。メルセデスはフリー走行のタイムだけでみたらフェラーリより後ろ。まさか予選でドカンと隠し球を披露してきたりはしないよな?!
今回は最年長おっちゃんに代わり最年少ノリス君をあげてみました。いいよいいよ、燃えて取り替えたサインツ先輩より前で攻め姿勢!
ハースは兄弟みたいに似通った位置に来る予想なんですが、今シーズンはチーム内格差が多くみられる気がします。レッドブル、ルノー、アルファロメオ、マクラーレンやトロ・ロッソもかな。どちらが前でどちらが後ろかは言わずとも皆さんが思う通りです。ベテランと若手の組み合わせも多いですからね。ウィリアムズはハース同様に対です。ココはどうやら「おっちゃんが頑張らなきゃ」のチーム。