前回2013年の第2戦マレーシアGPを振り返ったばかりですが、今回は同じ年の1戦前となる開幕戦オーストラリアGPを振り返ります。頭をリセットしてご覧下さい。
レッドブルとベッテルが4連覇をかけて挑む2013年はテストからレッドブルVSフェラーリに期待が寄せられました。テストではなかなか見ることができない「本来のポテンシャル」が開幕戦で明らかになります。

IMG_8617
予選はご覧の通り土砂降りの雨。カメラを通してのカメラでもしっかりとその雨粒が確認できます。開始時間を遅らせてひとまずQ1は行われました。
IMG_8613
早速フェラーリのマッサがスピンを喫し、フロントをやっつけてしまいました。アルバートパークはランオフエリアが充分に確保されているところとウォールが間近にある区間と様々です。トラックをはみ出せば水しぶきならぬ泥しぶきが激しい。各車スピンやコースアウトが頻発しています。
IMG_8616
そしてザウバーのグティエレスがマッサと同じ区間で同じようなクラッシュをしたところで、これじゃ予選にならないと予選中止。Q2以降は決勝日曜日の午前中に延期されることなりました。
IMG_8618
翌日午前のQ2はちょい濡れ。Q3にベッテルはスーパーソフトタイヤを装着。2013年の幸先良いスタート位置を確保しました。マクラーレンからこの年メルセデスに移籍したハミルトンはウェバーを挟んだ3番手、そろそろマジでチャンピオンを獲りたいフェラーリのアロンソはその後ろ5番手となり、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、ロータスが4列目までを占めています。
IMG_8619
そうそう、この時代のピレリのタイヤはガケが怖い。気を付けましょうね。

《予選結果》
   1 S・ベッテル   (レッドブル・R)
   2 M・ウェバー  (レッドブル・R)
   3 L・ハミルトン(メルセデス・M)
   ※タイヤはピレリのワンメイク


スタートを前にザウバーのヒュルケンベルグはトラブルによりこんな状態。出走できません。ザ・開幕戦といった感じですね。昔はよくある光景でしたが、近年は本当にトラブルは減りました。
IMG_8620
またフロントロウのウェバーにも不穏な無線やり取りが
IMG_8621
初っ端レースからKERS無しとは。せっかく前が開けているというのに、母国レースでどこまでツイていないんだ!
IMG_8622
IMG_8623
あーやっぱり蹴り出しが良くない。アウトからハミルトンとアロンソ、インからマッサに食われてしまいます。

IMG_8624
タイヤの保ちが不安視されていることもあり、多くは3ピットストップを選択しています。そんな中、ミディアムタイヤスタートで2ストップを図るフォース・インディアのスーティルの1回目とベッテルの2回目が21周目に重なります。ベッテルはピット1回分のギャップを設けなければならないのに
IMG_8625
順位は変わらず。スーティルがガッチリとベッテルの行く手に立ちはだかっています。そうなると、合流で早めに2回目を終えた「本来の相手」にチャンスを与えることにもなります。
IMG_8626
アロンソはベッテルに並び、
IMG_8627
まだタイヤが馴染まないスーティルを簡単にあしらい前へ出ます。ベッテルが懸念していた「タイヤ」で明暗が分かれています。

IMG_8629
実は他にも2ピットストップを企むダークホースがいます。黒いロータスと黒いライコネンはミディアムタイヤを優しく扱ってラップを重ねていきます。
IMG_8631
メルセデスのハミルトンも2ピットストップ戦略ではありましたが、こちらはタイヤがキツい。アロンソに捕まって戦略変更を強いられました。メルセデスは昔も今もタイヤには悩むチームですね。
IMG_8632

IMG_8634
ウチはタイヤには優しいから。うん、大丈夫!
IMG_8635
ピットアウトを見届けて、最終スティントに入ります。

IMG_8636
43周目にライコネンが同じ戦略のスーティルの尻尾を掴みました。
IMG_8638
7番手スタートのライコネンがトップに。レッドブルVSフェラーリの構図に対して、巧みなタイヤ戦略で開幕戦を制しています。

FullSizeRender
《決勝結果》
   1 K・ライコネン(ロータス・R)
   2 F・アロンソ   (フェラーリ・F)
   3 S・ベッテル   (レッドブル・R)

その後フェラーリに移籍し、表彰台には乗るも長らく優勝に至らなかったライコネン。この20勝目が最後かな、なんて忘れかけていた昨年のアメリカGPで久々の優勝を飾り、今シーズンは古巣ザウバー(現 アルファロメオ)に復帰することとなりました。さすがに優勝は遠退くことでしょうが、表彰台獲得とチームや後世にアツい走りを伝えていけることを願っています。
IMG_8642
開幕戦は本当にフタを開けてみないと何が起こるかわかりません。期待や予想を簡単に覆して、驚きの結果を生み出すこともあります。それが開幕戦の醍醐味ですね。それは昔も今も同じ。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村