数字でみるF1第三弾は「サーキット、ポイント」関連から抽出しました。

《サーキット別完走数/完走率と同一周回順位》
    開幕戦 オーストラリアGP     完走15台 / 75.0%
        1位ベッテルに対し14位までが同一周回
    第2戦   バーレーンGP            完走17台 / 85.0%
        1位ベッテルに対し6位までが同一周回
    第3戦   中国GP                      完走20台 / 100%
        1位リカルドに対し19位までが同一周回
    第4戦   アゼルバイジャンGP 完走14台 / 70.0%
        1位ハミルトンに対し13位までが同一周回
    第5戦   スペインGP               完走14台 / 70.0%
        1位ハミルトンに対し5位までが同一周回
    第6戦   モナコGP                  完走19台 / 95.0%
        1位リカルドに対し13位までが同一周回
    第7戦   カナダGP                  完走17台 / 85.0%
        1位ベッテルに対し6位までが同一周回
    第8戦   フランスGP               完走17台 / 85.0%
        1位ハミルトンに対し10位までが同一周回
    第9戦   オーストリアGP        完走15台 / 75.0%
        1位フェルスタに対し3位までが同一周回
    第10戦 イギリスGP               完走15台 / 75.0%
        1位ベッテルに対し14位までが同一周回
    第11戦 ドイツGP                   完走16台 / 80.0%
        1位ハミルトンに対し13位までが同一周回
    第12戦 ハンガリーGP           完走17台 / 85.0%
        1位ハミルトンに対し5位までが同一周回
    第13戦 ベルギーGP               完走15台 / 75.0%
        1位ベッテルに対し9位までが同一周回
    第14戦 イタリアGP               完走16台 / 80.0%
        1位ハミルトンに対し8位までが同一周回 ※
    第15戦 シンガポールGP        完走19台 / 95.0%
        1位ハミルトンに対し7位までが同一周回
    第16戦 ロシアGP                   完走18台 / 90.0%
        1位ハミルトンに対し7位までが同一周回
    第17戦 日本GP                       完走17台 / 85.0%
        1位ハミルトンに対し9位までが同一周回
    第18戦 アメリカGP                完走14台 / 70.0%
        1位ライコネンに対し8台までが同一周回 ※
    第19戦 メキシコGP                完走16台 /  80.0%
        1位フェルスタに対し4位までが同一周回
    第20戦 ブラジルGP                完走18台 / 90.0%
        1位ハミルトンに対し9位までが同一周回
    最終戦 アブダビGP                完走15台 / 75.0%
        1位ハミルトンに対し8位までが同一周回
    平均完走台数 16.4台 / 81.9%
    ※失格は完走から除外、リタイヤ扱い

昨年は1レース少なく、同じ20人のラインナップで完走平均15.7台、78.5%から少しだけ向上しています。パワーユニット使用数が年々厳しくなる中で立派だと思います。その裏返しとして「パワーユニットを労わる走り」を強いられていること、また「パワーユニットを交換した時の代償」(スタート降格ペナルティ)、それに伴う「予選走行への取り組む姿勢」などドライバーのみならず我々ファンにとっても我慢せざるを得ないルールがあります。削減や優劣差を無くすはずのルールが結局のところ「強い(速い)チームはパワーユニットも強い(速い)」傾向にあるため、パッとしないチームがさらに辱められるだけにも見えてきます。チームやメーカー毎に差をつければ平等でなくなるし、このルール、何が最良なのか、いつまで続くのかとても気になります。
今シーズンの全車完走は第3戦中国GPの1箇所、最も完走率が低かったのはレッドブルが「直列繋ぎ」となった第4戦アゼルバイジャンGPと続く第5戦スペインGP、そして奇跡の久々ライコネンとなった第18戦アメリカGPの14台でした。第19戦メキシコGPは今年も完走率は高いもののラップダウンが多めな5位以下周回遅れでした。変わらずは「ペレスは英雄である」こと。

《ドライバー別走行周回数》(全1,264周)
IMG_6786
  1 ハミルトン           1,255周 99.3%
  2 ベッテル               1,248周 98.7%
  3 ボッタス               1,202周 95.1%
  4 バンドーン            1,200周 94.9%
  5 ペレス                   1,196周 94.6%
  6 サインツ               1,195周 94.5%
  7 マグヌッセン        1,172周 92.7%
  8 ストロール            1,156周 91.5%
  9 フェルスタッペン 1,127周 89.2%
10 シロトキン            1,118周 88.4%
11 ライコネン            1,116周 88.3%
12 エリクソン            1,091周 86.3%
13 グロージャン        1,074周 85.0%
14 ルクレール            1,058周 83.7%
15 オコン                   1,052周 83.2%
16 リカルド               1,034周 81.8%
17 ガスリー               1,032周 81.6%
18 ハートレイ               999周 79.0%
19 アロンソ                  985周 77.9%
20 ヒュルケンベルグ    936周 74.1%

《コンストラクター別走行周回数》(全2,528周)
IMG_6783
  1 メルセデス・M                  2,457周 97.2%
  2 フェラーリ・F                   2,364周 93.5%
  3 ウィリアムズ・M               2,274周 90.0%
  4 フォース・インディア・M 2,248周 88.9%
  5 ハース・F                           2,246周 88.8%
  6 マクラーレン・R               2,185周 86.4%
  7 レッドブル・TAG(R)    2,161周 85.5%
  8 ザウバー・F                       2,149周 85.0%
  9 ルノー・R                          2,131周 84.3%
10 トロ・ロッソ・H               2,031周 80.3%

ドライバー別とコンストラクター(チーム)別といっぺんにみていきます。当然ながら成績優秀者、チームが上位に来るのが定説ではあるのですが、ドライバー別ではバンドーンがライコネンやレッドブル勢ドライバーを上回る1,200周となる4位。意外とテレビに映る機会も多かったウィリアムズが周回率90.0%を誇る3位に入ってきました。バンドーンね、君は真面目だよ。マシンが遅くても相性が悪くても頑張ったよね。ウィリアムズもちゃんと名門に恥じない距離はこなしました。やっぱり若手2人ではちょっと厳しかったか、これがポイントランキングであることを世界中のファン、チーム代表も願っているはずです。頑張れ名門!
及第点にも達しなかったのは言わずと知れたトロ・ロッソ・ホンダ!miyabikunは日本人であり、もちろん昔からのホンダエンジンのファンでもあります。が、だから言います。そろそろちゃんと結果出そうよ。。エンジンも開発途上だし第16戦ロシアGPのブレーキの件は、、本当にダメ。去年までのあるチームに大きく水を開けられちゃったじゃないか。あれじゃ思うツボ。F1は大学の自動車同好会とかではなく、何百億もの金が動くプロのスポーツ、ビジネス。メーカーの威信にも関わる問題です。参戦1年目や2年目の成績ではありません。5年目の来シーズンはいよいよトップチームへの供給も始まるので「F1生命」がかかっているといっても過言ではないぞ!

《終了時ペナルティポイントランキング》
  1 ストロール             7
     フェルスタッペン  7
     グロージャン         7
  4 ハートレイ ●         6
     オコン ●                6
     アロンソ ●            6
     シロトキン ●         6
  8 エリクソン ●         5
     ベッテル                5
     ペレス                    5
11 ガスリー                4
     ボッタス                4
13 サインツ                3
     ヒュルケンベルグ  3
     バンドーン ●         3
16 リカルド                2
     マグヌッセン         2
     ライコネン            2
  -  ルクレール            0
  -  ハミルトン            0
    ※12ポイントで1戦出場停止、1年間有効
    ●は来シーズン不出走ドライバー

ポイントランキングといえば高得点であればあるほどいいわけですが、こちらはご存知の通り「あればあるほどよくないもの」です。今までこの数字は取り扱ってきませんでした。今回は一応知る限り計算してみましたので、見落としや誤りがあればお知らせ下さい。
ペナルティポイントはレーススチュワードの判断によって「ラフプレイ」に与えられるポイントで有効期間は1年間、累積12ポイントで1レース免停です。来シーズンにドライブしない者(●印)以外は2018年終了時のこのポイントを来シーズン開幕戦に持ち越すこととなります。ポイントを「上位」からみていくと、まあ確かにラフそうな面々から名を連ねます。7ポイントの3人、側は走りたくないですねー(笑)この1年でポイント付与がなかったドライバーはお利口さんルクレールと2017年バーレーンGPのポイントが帳消しとなったチャンピオンの2人だけでした。
1レースで最多ポイントゲットは第2戦バーレーンGPでのハートレイで2ポイント2回の合計4ポイント。幸いにも来シーズンには影響しません。

《ドライバーズポイントランキング》
  1 → ハミルトン            (メルセデス)    408
  2 → ベッテル                (フェラーリ)    320
  3  ↑  ライコネン            (フェラーリ)    251 
  4  ↑  フェルスタッペン (レッドブル)    249
  5  ↓  ボッタス               (メルセデス)    247
  6  ↓  リカルド               (レッドブル)    170
  7  ↑  ヒュルケンベルグ (ルノー)             69
  8  ↓  ペレス                  (F・インディア) 62
  9  ↑  マグヌッセン        (ハース)             56
10  ↓  サインツ               (ルノー)             53
11  ↑  アロンソ               (マクラーレン)   50
12  ↓  オコン                  (F・インディア) 49
13      ルクレール           (ザウバー)          39
14 → グロージャン        (ハース)              37
15  ↑  ガスリー               (トロ・ロッソ)  29
16 → バンドーン           (マクラーレン)   12
17  ↑  エリクソン           (ザウバー)           9
18  ↓  ストロール           (ウィリアムズ)    6
19  ↑  ハートレイ           (トロ・ロッソ)    4
20      シロトキン          (ウィリアムズ)     1
    ↑は昨年より上昇、↓は下降、→は変わらず

シーズンを数字で示すメインイベントとなるドライバーズポイントランキングです。タダでさえ20人同時に表現すると煩雑になるため、初めから上位6人と7位以下の2グループに分けて作成しました。
IMG_6848
チャンピオンのハミルトンは2010年からなる優勝25ポイント制で最高得点となる408ポイントに到達しました。最多の21レースあるんだから当然でしょう?!いやいやハミルトン神話はそれだけでは終わらない。21レースでの最高到達点は525ポイント、そこから割り出す2018年の得点率は77.7%に達します。ハミルトンがチャンピオンを獲得した2014年は奇跡のダブルポイントを考慮して76.8%、2015年は全19戦で80.2%、昨年2017年が全20戦で72.6%となり、一時期はフェラーリ最速とまで言われた今シーズンにおいて、着実にポイントを稼いで不動の地位を貫きました。勝てるレースで勝ち、勝てないレースでも勝つ体制に持ち込めたことが最大の要因だと思います。
一方で「今シーズンこそは」を狙ったフェラーリのベッテルでしたが、序盤はハミルトンと抜きつ抜かれつの攻防を続けるも、何度もしつこいシーズンど真ん中となる第11戦ドイツGPから完全な失速と空回りを起こし、第13戦ベルギーGPでの優勝を最後に完全に勝機と正気を失いました。むしろ最終盤に怒涛の追い上げをみせて4位で終えたフェルスタッペンの伸びが著しかったですね。ベッテルの前半戦とフェルスタッペンの後半戦をもってハミルトンに太刀打ちできるかどうかというシーズンでした。また、フェルスタッペンが好調さを吸い取られてしまったリカルドは2勝を挙げるもグラフに示せばこのなだらかさ。早く2018年を忘れたいことでしょう。
IMG_6847
続いて7位以下「別カテゴリー」のチャンピオン決定戦です。チャンピオンはヒュルケンベルグが獲得。ライバルを待ちつつ中盤からの逃げ切りでした。序盤に好スタートをみせたアロンソでしたが、逆に中盤以降のポイントゲットに伸び悩んでF1ひとまず最終年を11位で終えています。
来シーズン期待組のルクレールは終盤に追い上げる形で無事にフェラーリシートを獲得、ガスリーは序盤によく、レッドブルシートを獲得した途端に足踏みしてしまいました。このクラスはコンスタントにポイントを稼ぐというよりかは「誰かがいい時に誰かが辛い」という持ちつ持たれつのいいバランスで分け合って推移しています。少し離れて「下位の下位」にいるメンバーは来シーズンのシートが無い者がほとんどです。お金がある人を除いては。

《コンストラクターズポイントランキング》
IMG_6846
IMG_6845
  1 → メルセデス・M                    655
  2 → フェラーリ・F                     571
  3 → レッドブル・TAG(R)      419
  4  ↑  ルノー・R                           122
  5  ↑  ハース・F                              93
  6  ↑  マクラーレン・R                   62
  7  ↓  フォース・インディア・M    52(111)
  8  ↑  ザウバー・F                          48
  9  ↓  トロ・ロッソ・H                  33
10  ↓  ウィリアムズ・M                    7

こちらも2段階表現としました。メルセデスとフェラーリの争いは第9戦オーストリアGPでのメルセデス共倒れでフェラーリが台頭してくると思いきや、やはり第11戦ドイツGPの代償が大きく、そこから引き離されています。エースがコケると、チーム自体が傾いています。チームの戦略も決してフォローに値するものではありませんでしたね。毎度のことながら、フェラーリらしい流れです。「F1の飾り」感は否めない。
後半戦となる第13戦ベルギーGPから再スタートを図ったフォース・インディア(レーシングポイント)はペレスの健闘虚しくオコンの不調が影響してランキング7位で終えています。もしチーム再建がなかった場合(むしろ再建されなかったらマジでトンでいたか)59+52=111ポイントとなってルノーに次ぐ5番手チームでした。終盤のザウバーの伸びも来シーズン期待できそうな雰囲気。

《ドライバー オブ ザ デイ 回数》全21回
  1 フェルスタッペン  6回(28.6%)
  2 リカルド                4回(19.0%)
  3 ハミルトン             3回(14.3%)
     ベッテル                 3回(14.3%)
  5 アロンソ                 2回  (9.5%)
  6 ライコネン             1回  (4.8%)
     ルクレール             1回  (4.8%)
     ガスリー                 1回  (4.8%)

最後はこちらも初めての集計となるファン投票「ドライバー オブ ザ デイ」獲得回数になります。フェルスタッペンがオーストリア、シンガポール、ロシア、アメリカ、メキシコ、ブラジルと後半寄りの計6箇所で獲得して絶大なファンの支持をされました。生意気だけど可愛いんですよね、あのヤンチャっぷりと走りは。息子や後輩、部下にいたら手を焼きそうだけど、甥っ子くらいがちょうどいいかな(笑)君が2018年のF1を大いに盛り上げてくれた「裏チャンピオン」だよ。
FullSizeRender

といった具合で3回に分けて2018年シーズンの数字とグラフを並べてみてきました。まだまだ組み合わせ次第で様々な数字は出てくるのでしょうが、キリがないし今シーズン「ハミルトンとメルセデスが優れていた」ことが並ぶだけだと思うのでこのくらいにしておきます。来シーズンはドライバー変更やパワーユニット変更も控えていますので、構図が少し変わるかもしれません。