第一弾が予選編とくれば、続く第二弾は当然決勝編です。決勝にまつわる数字を追いかけていきます。
IMG_4502

《優勝回数》          全21回
  1 ハミルトン            11回(52.4%)
  2 ベッテル                  5回(23.8%)
  3 リカルド                  2回  (9.5%)
     フェルスタッペン    2回  (9.5%)
  5 ライコネン              1回  (4.8%)

優勝者もポールシッターと同数の5人です。ポールお預けフェルスタッペンがボッタスに代わって2勝を挙げました。メルセデス2年目のボッタスは何と言っても第4戦アゼルバイジャンGPのタイヤバーストがイタかったですよね。先日振り返った「1998年の日本GP」のM・シューマッハもデブリ踏み抜きと思われるバーストによって優勝どころかチャンピオン争いから引きずり落とされたことがありますが、あのリタイヤは「デブリを踏む恐ろしさ」を教えてくれるいい(悪い方?)見本だったと思います。先日みたようにボッタスはあのレースを起点にハミルトンとの差が開き始めましたね。

《表彰台回数》     全21回 延べ63人
  1 ハミルトン             17回(81.0%)
  2 ベッテル                 12回(57.1%)
     ライコネン             12回(57.1%)
  4 フェルスタッペン  11回(52.4%)
  5 ボッタス                  8回(38.1%)
  6 リカルド                  2回  (9.5%)
  7 ペレス                     1回   (4.8%)

近年の登壇は「三強+1」くらいのドライバーに限られつつあります。2018年にそのチャンスをモノにしたのは「市街地マイスター?」のペレスでした。予選は浮き沈みがあり、中団や後方スタートとなっても堅実な決勝走行ができた賜物です。そんなペレスは同じく市街地シンガポールでは、、あの八つ当たりはオコン!いやアカン!
フェラーリ2人は揃って12回に終わりました。ハミルトンに対して見劣りします。ハミルトンは優勝だけで11回だったわけですから、コンスタントな登壇すらできないと、強力キングに全く歯が立ちません。

《入賞回数》全21回 延べ210人(入賞率)
  1 ハミルトン             20回(95.2%)
     ベッテル                20回(95.2%)
  3 ボッタス                19回(90.5%)
  4 ライコネン            17回(81.0%)
     フェルスタッペン  17回(81.0%)
  6 リカルド                13回(61.9%)
  7 サインツ                12回(57.1%)
     ペレス                    12回(57.1%)
  9 ヒュルケンベルグ  11回(52.4%)
     マグヌッセン         11回(52.4%)
11 オコン                    10回(47.6%)
     ルクレール             10回(47.6%)
13 アロンソ                  9回(42.9%)
14 グロージャン           6回(28.6%)
     ガスリー                  6回(28.6%)
16 エリクソン              6回(28.6%)
17 バンドーン              4回(19.0%)
18 ハートレイ              3回(14.3%)
19 ストロール              2回  (9.5%)
20 シロトキン              1回  (4.8%)
    ※同率はドライバーズランキング順で表記

残念ながら全戦入賞者はいませんでした。最多はオーストリアGPで止まったハミルトンとドイツGPでぶつけたベッテルによる20回。逆に0回もなく、シロトキンはイタリアGPでの10位が1回となっています。F1参戦のいい思い出となったことでしょう。

《完走回数》全21回(完走率)
  1 ハミルトン            20回(95.2%)
     ベッテル                20回(95.2%)
     ボッタス                20回(95.2%)
  4 ペレス                    19回(90.5%)
     サインツ                19回(90.5%)
     バンドーン             19回(90.5%)
     ストロール             19回(90.5%)
  8 フェルスタッペン  18回(85.7%)
     マグヌッセン         18回(85.7%)
     シロトキン             18回(85.7%)
11 ライコネン             17回(81.0%)
     エリクソン             17回(81.0%)
13 ルクレール             16回(75.2%)
     ハートレイ             16回(76.2%)
15 アロンソ                15回(71.4%)
     オコン                    15回(71.4%)
     グロージャン         15回(71.4%)
     ガスリー                15回(71.4%)
19 ヒュルケンベルグ  14回(66.7%)
20 リカルド                13回(61.9%)
    ※同率はドライバーズランキング順で表記

入賞回数と同様に、完走もフルマークはいませんでした。ハミルトンは途中でマシンを止め、ベッテルは途中でマシンを壁にぶつけたからです(今回2回目)今シーズンはマシンの不調に泣かされたリカルドは完走13回となっています。先程みた入賞も13回でした。完走したレース全ては落とさず入賞してきたということ。もっと言うと、さっきの優勝回数も2回、表彰台登壇も2回なので白黒はっきりした戦績です。健全なマシンに乗れていたら、フェルスタッペンにここまで水を開けられることはなかったでしょう。来シーズンのルノーでは果たしてどんな活躍をみせてくれるか?!
IMG_4999

《ファステストラップ回数》全21回
  1 ボッタス                  7回(33.3%)
  2 リカルド                  4回(19.0%)
  3 ハミルトン              3回(14.3%)
     ベッテル                  3回(14.3%)
  5 フェルスタッペン   2回   (9.5%)
  6 ライコネン              1回   (4.8%)
     マグヌッセン           1回   (4.8%)

チャンピオンにもなれないし、優勝も逃したならばせめて何かで目立っておきたい。いい心がけです。ボッタスがシーズンの1/3の数を占める7回で1位、怒りのリカルドが4回で2位でした。ボッタスってそんなに鬼神のラップしていた印象はないんですが、地味過ぎて地味過ぎて(笑)ボッタスはアゼルバイジャンGPで泣いちゃう前に記録したものを含み、マグヌッセンは18位フィニッシュながらシンガポールGPで記録した貴重な1回となっています。ポールポジションやファステストラップにもポイントを1くらいならあげてもいい気はします。

《個人決勝平均順位》リタイヤは20位換算
IMG_6788
  1 ハミルトン              2.81 予選比 +0.33
  2 ベッテル                 3.95  予選比 +1.33
  3 ボッタス                 5.14  予選比 +1.62
  4 フェルスタッペン   6.38  予選比 -0.19
  5 ライコネン              6.43  予選比 +2.57
  6 リカルド               10.10  予選比 +2.91
  7 サインツ               10.48  予選比 +0.15
  8 ペレス                   10.76  予選比 -0.67
  9 マグヌッセン        11.52  予選比 +1.00
10 ヒュルケンベルグ 12.05  予選比 +1.24
11 オコン                   12.24  予選比 +2.29
12 ルクレール            12.86  予選比 +0.38
13 アロンソ               13.00  予選比 -0.38
14 ガスリー               13.24  予選比 +0.34
15 バンドーン            13.24  予選比 -3.52
16 グロージャン        13.43  予選比 +3.38
17 エリクソン            13.43  予選比 -2.14
18 ストロール            14.43  予選比 -2.90
19 ハートレイ            15.14  予選比 -0.15
20 シロトキン            15.57  予選比 -1.38
    ※ポイントランキングではありません

予選比とは前回の平均予選順位との単純な差です。マイナスであれば平均順位を向上させ、プラスは順位を落とした事を示します。決勝平均の算出方法は「リタイヤ、失格は20位扱い」としますからイメージよりも数字は高めに出てきているはずです。あれだけ勝ちまくったハミルトンも1回のリタイヤをしているため3位台後半、ベッテルは極めて4位台に近い数字と評価されます。リカルドが三強グループから離れてサインツに肉薄されているのはそのわけです。
ポイントランキング3位集団にいたライコネン、フェルスタッペン、ボッタスの位置関係が興味深いです。最終的に3位を死守したライコネンでしたが、リタイヤ数も4とフェルスタッペンに対して1つ多かったことで評価値でフェルスタッペンに上回れる形となりました。ボッタスは地味でもさらに1つ少ないことが功を奏しました。予選比の最大降下はグロージャンの+3.38でした。予選と後半戦決勝はさすがに速さをみせますが、シーズン均すと前半戦の要らぬリタイヤが痛手と出てしまっています。予選は好位置につけてきたオコンも決勝となると今シーズンはよくありませんでしたね。昨年の屈強な完走率はどこへやら。

予選と同様のメンバー上位6人、中位8人、下位6人の分けで「決勝順位グラフ」作ってみました。優勝、表彰台を分け合う上位グラフのうち、20位にビヨーンと下がっているものがリタイヤ時を意味します。
IMG_6779
中位では赤の表彰台域に唯一食い込んでいるのが先程のペレス。本当にこのクラスは表彰台までの壁が高いです。
IMG_6778
下位で輝くのは序盤のアロンソです。ここの積み重ねが後半のくたびれ気味をフォローしました。チャンピオンには屈辱的なグルーピングしたりして申し訳ないけど、下位グループでは今シーズンれっきとした「チャンピオン」です。あのマシンで開幕戦5位フィニッシュ、三強に食らいつく連続7位はすごかったですね。
IMG_6777

《コンストラクター決勝平均順位》
IMG_6785
  1 メルセデス・M                    3.98  予選比 +0.98
  2 フェラーリ・F                     5.19  予選比 +1.95
  3 レッドブル・TAG(R)      8.24  予選比 +1.36
  4 ルノー・R                          11.26  予選比 +0.69
  5 フォース・インディア・M 11.50  予選比 +0.81
  6 ハース・F                           12.48 予選比 +2.19
  7 マクラーレン・R                13.12 予選比 -1.95
  8 ザウバー・F                       13.14  予選比 -0.88
  9 トロ・ロッソ・H               14.19  予選比 +0.09
10 ウィリアムズ・M               15.00  予選比 -2.14
    ※ポイントランキングではありません

予選時と比べると、 2番手チームのフェラーリの落ち込みがみられます。これはライコネンのリタイヤ4回が計算上思い切り効いています。4位以下の順列について予選時はハース、ルノー、フォース・インディア少し離れてザウバー、トロ・ロッソ、マクラーレンの順でしたが、この決勝となるとルノー、フォース・インディア、ハース、マクラーレン、ザウバー、トロ・ロッソに変わっています。ハースの2人は共に予選に対して順位を落とし過ぎています。またマクラーレン、ザウバーがマイナスに転じたこともあって、ガスリー分のプラスが影響してこのランキングの順位を9位まで下げました。結果的にコンストラクターズランキングと同じ順位ですね。

《チーム内決勝対決》(全21回)
IMG_6789
    メルセデス・M
        ◯ ハミルトン 17 対 3 ボッタス(1分け)
    フェラーリ・F
        ◯ ベッテル 12 対 9 ライコネン
    レッドブル・TAG(R)
            リカルド 5 対 14 フェルスタッペン ◯(2分け)
    フォース・インディア・M
         -  ペレス 10 対 10 オコン  -  (1分け)
    ウィリアムズ・M
        ◯ ストロール 11 対 9 シロトキン(1分け)
    ルノー・R
            ヒュルケンベルグ 10 対 11 サインツ ◯
    トロ・ロッソ・H
        ◯ ガスリー 12 対 8 ハートレイ(1分け)
    ハース・F
            グロージャン 8 対 11 マグヌッセン ◯(2分け)
    マクラーレン・R
        ◯ アロンソ 12 対 9 バンドーン
    ザウバー・F
            エリクソン 8 対 12 ルクレール ◯(1分け)

決勝編の最後もチーム内対決で〆たいと思います。決勝の方は予選に比べるとうまく釣り合っているようにも見受けられます。
フィンランドの2匹の犬は赤より白の方がしつけが行き届いていたようです。飼い主が徹底していました。予選では先輩を凌駕していたフェルスタッペン、ガスリー、ルクレールの若手期待組は確実に決勝も上回る中、オコンはペレスと10チーム中唯一の10勝同士1引き分けでガチのイーブンでした。ここをもう少し伸ばせたら「あの大ミス」の汚名も帳消しにできたはずです。

12月中旬に入ってようやく都内も寒さが増してきました。冬本番に突入ですね。インフルエンザも流行っていますから身体に気を付けましょう。