IMG_6296
この夕日が沈む頃、2018年最後のポール争いは終結すると共に、このベテランチャンピオンのF1キャリアの終わりが刻々と近付くことになります。
IMG_6319
最強をモノにしたM・シューマッハをガチで破った男アロンソ。時にはズル賢く、晩年は自身の選択に裏目が続いたこともあって、批判や愚痴の絶えなかったこの人。ただ今でもファイターあることには変わりなく、以降は他カテゴリーで頂点を極めるべく、F1から旅立ちます。今のマシンでは到底上位スタートは望めないでしょうが、最後の渾身の予選を見守りましょう。
IMG_6290

IMG_6293
アロンソのQ1は2本目の時間いっぱいでトップのベッテルから1.1秒落ちとなるカーナンバーと同じ14番手で通過しています。
IMG_6292
どうも最近はマグヌッセンの具合がよくありません。シーズン各所でみられた「マキビシ」グセがここでも表れてデッドラインギリギリの15番手通過。結果的にQ1ではいつもの白とオレンジに合わせて水色の2台がアウト。今シーズンが22戦まであったならば、次戦miyabikun容赦なく水色もQ1落ち予想していたことでしょう。「今回はイケそう」発言はもう全く信用しません。論より証拠、とにかく来シーズンに期待。
IMG_6294

IMG_6297
IMG_6298
Q2開始直後、レッドブルに未練は無かろうリカルドには「チームメイト」から早々と先制を食らってましたね。
IMG_6299
これ、この人の指示出しに悪意あるだろ(笑)そこまでリカルドに圧力かけなくてもいいのに。最近お騒がせしているチームですからね、紺のチームに対して最後どうにか八つ当たりしたい気持ちもわからんでもないがー。
IMG_6300
ウルトラソフトタイヤを履くハミルトンが軽々と相方のレコードを打ち破るタイムで暫定1位に座っています。もう一人の大エースはどうか。
IMG_6301
ちょっとビビって火花出ちゃった。ココ、はみ出るとタイムは台無しになりますので気を付けましょうね。
IMG_6306
そうそう、先輩はちゃんと約束通り、規則通りに応じています。お金はたんまりあるが、馬鹿な焦りもしたりしません。冷静がウリ。
IMG_6309
1本目ウルトラソフトでやっちまった終盤戦のヒーローはハイパーソフトに履き替えて立て直しました。フェルスタッペン2番手、アロンソはQ1から順位を一つ落とした15番手フィニッシュ。
IMG_6310

Q2はあくまでウルトラソフト、陽も落ちたQ3はもちろんハイパーソフトだよとハミルトンは1本目からさらにタイムを削ってきます。今回は最終戦も冴えてるよ、そろそろ誰かコヤツを止めようよ!
IMG_6312
ベッテル、惜しい!0.06秒足らず。やり直し!
IMG_6314
2本目まだまだイケるけど?とハミルトンさらに0.5秒も削る。おーい、本当に誰かいないかー?
IMG_6315
ボッタス、ダメ。
IMG_6316
ベッテルもダメ。みーんなダメ!止められないや。
IMG_6317

IMG_6318
《予選結果》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)1分34秒794
   2 ボッタス   (メルセデス・M)1分34秒956
   3 ベッテル   (フェラーリ・F) 1分35秒125

IMG_6291
《予想との答え合わせ》
14番手ペレス、15番手アロンソ、18番手バンドーンの結局3つか。。マグでなくグロだし、オコとヒュルは逆だし、前半ほとんどダメ。後半は後半でハートレイでなくガスリー、挙げ句の果てにはテッパンのウィリアムズも逆ときたもんだ。ハミルトンの速さにはmiyabikunも勝てませんでした。予想は本当に難しいですね。予想通りいかないのがスポーツである証「救い」でしょうか。

《Q3トップのハミルトンとの差》 
    メルセデス(ボッタス)は0.2秒落ち
    フェラーリ(ベッテル)が0.3秒落ち
    レッドブル(リカルド)は0.6秒落ち
    ハース(グロージャン)が1.4秒落ち
    ザウバー(ルクレール)も1.4秒落ち
    フォース・インディア(オコン)は1.7秒落ち
    ルノー(ヒュルケンベルグ)も1.7秒落ち
    マクラーレン(アロンソ)が2.9秒落ち
    トロ・ロッソ(ハートレイ)は3.2秒落ち
    ウィリアムズ(シロトキン)は3.8秒落ち

ハミルトンはチームメイトのボッタスとも開きがあり、もはやメルセデスというより「ハミルトン」という別チームにいるかのようでした。この前「歴代ポール回数」をまとめて間もないのに、もう83回目か。

IMG_6308
《決勝の表彰台予想!》
   1 ハミルトン(メルセデス・M)
   2 ボッタス   (メルセデス・M)
   3 ベッテル   (フェラーリ・F)

《トロ・ロッソの決勝順位予想!》
 13 ガスリー    (トロ・ロッソ・H)
 15 ハートレイ(トロ・ロッソ・H)

表彰台予想は手を抜いたわけではなく「まんま」と予想。今回はさほどフェルスタッペンは脅威ではない気がします。キャンキャン抜いたとしても4位止まりあたりかな。もちろんもっと抜いてきたらレースは盛り上がるし、またまた受賞しちゃうでしょう。
水色缶チームは、、「この非国民が!」とファンから批判されてしまうこと承知で、あまり上昇せずと辛口予想。決してエンジンが悪いとかお人好しだけど、、とは言いませんし、完走できず、なんて口が裂けても予想はしません。定番の現ルノーと新ルノーの「動向」如何でさらなる浮上に期待しましょう。
IMG_6287
さあ、泣いても笑っても最後です。楽しく2018年シーズンを見届けましょう!