毎年のことながら、ヘトヘトです。日曜の夜中から今朝までに850kmのドライブでした。ドライブ好きなmiyabikunでもしばらく高速道路は走りたくないなぁ(笑)
IMG_4504
皆さんの日本GPはいかがでしたか?ある人を中心に色々なことが起きていましたが、まずは台風の影響もなく、暑いくらいに晴れた中で決勝レースを行えてよかったと思います。決勝で奮起するしかないベッテルも予選では逆行した立場に置かれてしまい、表情も険しいです。最近は眉間にシワを寄せて、頭を抱える様子ばかりを見かける気がします。
IMG_4503

IMG_4505
IMG_4506
スタートはそのベッテルはインから猛ダッシュを決めて9番手スタートから6位奪取を狙っていきます。ガスリーはS字で。
IMG_4508
だてに数多く鈴鹿を走っていませんね。早くもグロージャンに対してもプレッシャーをかけて
IMG_4512
IMG_4513
スプーンで抜く。1周目だけで3台を「自力で」かわすことに成功しています。ココまでは良かったんです、ココまでは。

観戦された方も多いでしょうし、このタイミングでのアップで今更感もあるため、今回も昨年と同様にいつもの時系列レポートではなく、ポイントを押さえてみていくことにします。

《F1界のギャングスター》
今シーズンのマシンはパワーもあり、当初は上位フィニッシュを確約されたようなハース。ただ蓋を開けてみれば、グロージャンもマグヌッセンも荒くれ放題は変わりません。
IMG_4520
将来が明るいルクレールにメインストレートで捕らえられたマグヌッセンはルクレールの動きにシンクロして完全防御。そして接触。
FullSizeRender
IMG_4522
頑なに防御した結果が左リヤタイヤバーストでフロアまで破壊してしまうんだから、いいこと一つもなし。
IMG_4523
おまけにコース上にマシンを引っ叩きながらデブリを撒き散らす。セーフティカーの世話にもなり、レース自体を荒らす「ブラックリスト」です。今回はおとなしめなグロージャン共々、マグヌッセンの行為はキャリアからいってもダメ、優勝やチャンピオンを向かうにもダメ。出世街道を突き進むルクレールとはえらい違いとなっています。

《翼を授かる元祖ボクちゃんと新ボクちゃん》
1周目最後のシケインでライコネンに攻め立てられるフェルスタッペンは白煙を上げてシケインをショートカット。
IMG_4514
IMG_4517
そして何事も無かったかのようにライン上に戻ってライコネンを押し出し、接触。ライコネンはポットウィングを壊しています。
IMG_4515
IMG_4516
そのあおりで順調に追い上げを見せているベッテルにまでかわされてしまいました。ライコネンにとっては正当にシケインを通過したのに強引さに負けて、順位まで落とすというつまらない出来事になりました。物怖じしない攻めと守りができるフェルスタッペンではありますが、まだデリカシーが無いというか、若さと傲慢さが先行してしまう走りが勝っています。結局5秒ペナルティが下されてしまいました。せっかくのウリが悪い方向に作用してしまっているのが何とももったいないですよね。そろそろ学習してほしいんだけどなぁ。

一方その接触で早くも4位まで浮上できたベッテルですが、8周目の次なるターゲットはレッドブルの後輩である新ボクちゃんです。
IMG_4525
新ボクちゃんには5秒ペナルティが決まっていますので後ろにいれば黙っていても3位に浮上できるのですが、欲しいのは3位じゃありませんもんね。先程のグロージャンの時のように、第1スプーンのインから行くの?!
IMG_4526
IMG_4528
タイヤ同士が触れ合ってからの
FullSizeRender
スピン。ベッテルは最後尾19位へ。こうでもしないとハミルトンに太刀打ちできないのはわかるのですが、少しでもポイントを稼ぐという意味ではリスクが大き過ぎました。フェラーリは昨年と同様の後半戦の陥落っぷりが目を覆いたくなりますよね。

《ライコネンファンはセクター1がオススメ》
スタート直後のラフプレイからマシン損傷に順位陥落を受けたマイペースなおっちゃん。ポットウィングを失ったにもかかわらず、早々とスーパーソフトタイヤを捨てて、ミディアムタイヤにスイッチしてからは堅実に順位を浮上させていましたね。
FullSizeRender
FullSizeRender
オコンもペレスも1コーナーの飛び込みでパッシング。昨年もそうだし、語り継がれる2005年のスーパーファイナルラップもそうでした。王道な抜き方ではありますが、鈴鹿のライコネンといえばこれが持ち味。当然触れることはなく確実に仕留めていきます。サーキットにあったパネルで記念撮影をしたり、観客の中にもライコネングッズを身にまとうものやフィンランドの旗が多く見られました。場内の自己紹介にわき、パッシングが成功すると大きな歓声が上がるなど本当に人気のあるドライバーだと思います。来シーズンからはフェラーリではなく、古巣ザウバーでの参戦となり、より表彰台は遠いものとなりますが、まだまだ人気者ライコネンをF1で観ることはできますので、そのパッシングを観たい方は1コーナーが見えるシートをお勧めします。


予選を上位で終えたトロ・ロッソではありましたが、レースペースはイマイチ上がらず、残念ながら2台とも入賞ならず。レッドブルのコスチュームばかりを目にする中にも今年はトロ・ロッソを応援する者も多く見かけ、ホンダへの期待をより多く感じました。来シーズンはいよいよレッドブルの心臓も担うわけですから、より多く期待と声援の後押しがあるでしょう。期待したいですね!
終盤に危なかしかったボッタスはともかく、終始ハミルトンは他の追従を許さない、余裕を持ったドライビングでさらに5回チャンピオンを近いものとしました。果たしてどのタイミングで手にすることになるでしょうか。

IMG_4532
《決勝結果》
   1 ハミルトン           (メルセデス・M)
   2 ボッタス              (メルセデス・M)
   3 フェルスタッペン(レッドブル・TAG)

 11  ガスリー              (トロ・ロッソ・H)
 13 ハートレイ           (トロ・ロッソ・H)

IMG_4502
《ドライバーズランキング》
   1 ハミルトン           (メルセデス・M)    331
   2 ベッテル               (フェラーリ・F)     264
   3 ボッタス               (メルセデス・M)    207
   4 ライコネン           (フェラーリ・F)     196
   5 フェルスタッペン(レッドブル・TAG)173

IMG_4500
《第17戦日本GPのポイント》
・ハミルトンは自信と余裕でレースを楽しむ
・終盤マッタリは近年F1のセオリー通り
・早熟レッドブル塾生は総じてマナー悪い?!
・ライコネンを観たければ1コーナーに注目

FullSizeRender
帰路も新東名を使い、途中岡崎と駿河湾沼津で休憩を入れました。どちらでもフェラーリとレッドブルのファンを見かけたことからも関東から多く車で向かう方がいるんだなと実感しました。そして、だいぶ疲れました。今日が祝日でよかったです。皆さん、お疲れ様でした。