IMG_7499
関東も雨が降ったり止んだりで風があります。だいぶ西に位置する上海も曇り空で風もあります。吹き流しの色がなんとも中国らしい。

IMG_7501
不安視されているレッドブルのリカルドはQ1が始まってもエンジンカバーを開けたまま作業中。間に合うのかな?!
IMG_7505
残り3分となり、急いで出発!テールスライドしています。一発勝負は14位となりギリギリ通過。一方で前戦バーレーンGPで健闘したトロ・ロッソのガスリーが17番手でウィリアムズと共にアウト。今回はハートレイに頑張ってもらうしかない。
IMG_7506
IMG_7507

IMG_7508
Q2はメルセデスとフェラーリのみが中間の硬さとなるソフトタイヤで挑んでいます。中国大得意なハミルトンが奮いません。ウォームアップに2周を要して1本目は6番手と三強で最下位です。一方で金曜も土曜も元気なのはライコネンでハミルトンらメルセデス陣営と違って一回で仕留めてきました。フェラーリとメルセデスのマシンの特性差が出ています。
FullSizeRender
IMG_7511
2本目はハミルトンもしっかり一回で修正と準備して1分32秒を切るトップタイムを出しています。まあ、やりゃできるんだよなハミルトンは。
IMG_7512
IMG_7515
IMG_7513
こちらも連続ポイントゲットで「見慣れた位置」にようやく名を連ねているマクラーレンのアロンソは13番手に終わる。なんだ、今回は予想の11番手よりちょいと下がった「テッパンの13番手」じゃないか、くそっ!
IMG_7514

IMG_7517
Q3の1本目もライコネンが最速セクタータイムを更新する好調さ。1分32秒も切る勢いはベッテルをも凌駕します。これなら今回はライコネンにポールを期待していいのかな?!
IMG_7523
2本目のアタックのボッタスはライコネンの0.4秒落ちでダメ、ハミルトンも諦める。逆にライコネンはさらにタイムを縮めてポール確定、、
IMG_7524
とはいかなかった!トップランカー、ベッテルを忘れちゃいけませんね。セクター3でマイナスにして0.09秒アニキを上回って最後の最後で「定位置」獲得。

IMG_7525
《予選結果》
   1 ベッテル    (フェラーリ・F)1分31秒095
   2 ライコネン(フェラーリ・F)1分31秒182
   3 ボッタス    (メルセデス・M)1分31秒625


《予想との答え合わせ》
予想の正解は5番手フェルスタッペン、6番手リカルド、12番手オコン、14番手バンドーンの4人か。グロ、サイではなくサイ、グロの順か、惜しいんだけど、いい線いってるんだけどもう、また1位ずつズレちゃうん。。

《ポールのベッテルQ3との差》 
   フェラーリ(ライコネン)が0.1秒落ち
   メルセデス(ボッタス)は0.5秒落ち
   レッドブル(フェルスタッペン)が0.7秒落ち
   ルノー(ヒュルケンベルグ)は1.4秒落ち
   フォース・インディア(ペレス)が1.7秒落ち
   ハース(マグヌッセン)は1.8秒落ち
   マクラーレン(アロンソ)が2.1秒落ち
   トロ・ロッソ(ハートレイ)は2.7秒落ち
   ウィリアムズ(シロトキン)が3.0秒落ち
   ザウバー(ルクレール)が3.4秒落ち

中国はメルセデスが有利と読みましたが、実際には曇り空で気温、路面温度も低く、風向きがフェラーリに向きました。明日の決勝もあまりいい天気ではないようですが、トップ3人が前回のバーレーンと全く同じ、ターン1も右コーナーでバーレーンと同じ。同じ匂いがしてならない。

《決勝の表彰台予想!》
   1 ベッテル    (フェラーリ・F)
   2 ボッタス    (メルセデス・M)
   3 ハミルトン(メルセデス・M)

というわけでアニキごめんね、スタートでもプンプン同じ匂いがしてきちゃいました。ボッタスが前。ハミルトンともしかしたら入れ替わる可能性も感じつつ、アニキにはまた無線でキャンキャン怒られてしまいそうだ、Copy!