IMG_6219
先日行われたカタロニア合同テスト8日間のまとめをしていきます。まず今回は各種走行距離の視点でみていきたいと思います。

《日別周回数》
IMG_6267
先日まとめた2回分を1枚にまとめました。トーテムポールみたいになっています。いうまでもなく1回目3日目は無かったことに等しい結果でした。2回目は1回目を全て上回る周回数をこなし、2回目3日目が最多の1,624周となっています。7,979周を8日で割ると平均997.4周となります。雨ならまだしも雪ではF1も市販車も走れません。

《チーム別の周回数・走行距離》1周 4.655km
  合同テスト全8日間    計7,979周 37,142.2km
                          (昨年は7,429周 34,582.0km)
  1.メルセデス                 1,040周   4,841.2km
                          (昨年は1,096周  5,101.9km)
  2.フェラーリ                    929周  4,324.5km
                             (昨年は956周  4,450.2km)
  3.トロ・ロッソ                 822周  3,826.1km
                             (昨年は584周  2,718.5km)
  4.ウィリアムズ                 819周  3,812.6km
                              (昨年は800周  3,724.0km)
  5.ルノー                            795周  3,812.6km
                              (昨年は597周  2,779.0km)
  6.ザウバー                         786周  3,658.3km
                              (昨年は787周  3,663.5km)
  7.レッドブル                      783周  3,644.9km
                              (昨年は684周  3,184.0km)
  8.フォース・インディア    711周  3,309.7km
                              (昨年は785周  3,654.2km)
  9.ハース                             695周  3,235.2km
                               (昨年は715周  3,328.3km)
10.マクラーレン                   599周  2,788.3km
                               (昨年は425周  1,978.4km)
IMG_6269
グラフは昨シーズンのコンストラクター順、上記はテストの周回数順となっています。意地悪ですね(笑)参考までに昨年のデータを載せています。全7,979周を10チームで割れば、平均値は797.9周といったところです。
チーム周回数1位は昨年に引き続き唯一1,000周の大台を突破したメルセデスでした。1回目3日目のお休みも何とか56周落ちまでカバーしています。今回はタイヤやタイムの概念を取り入れませんが、距離は稼ぐはタイムは出し惜しむというイヤラシサ。テストから素っ裸にはならないって?!2位はこちらも変わらずフェラーリの929周でした。フェラーリの特筆すべきはメルセデスと違ってラップもカリカリに攻めて速さアピールしているのと、今年も分業制に徹したメルセデスに対して「基本は1人でやる」
中団チームが800周前後を走破する中で、テッパンになりつつある4番手フォース・インディアは仮マシンでマイレージを伸ばせませんでした。ハースと共にラスト2日で追い込んで何とか700周前後に止まる。話題性抜群、足より先についついお口が出ちゃう「参戦1年目」マクラーレンは600周にほんの少し及ばずの1位。今年は確か「心臓」を載せ替えましたよね?!さてはメルセデスと同様にテストでは出し惜しみしているのかな。合同テスト3回目の4日間がもしあれば期待しましょう。
IMG_6309

《エンジン別周回数・走行距離》
IMG_6268
メルセデスF1 M09 EQ Power +
    2,570周 11,963.4km
    3チーム供給 1台平均428.3周
   (昨年は 2,681周 12,480.1km
       3チーム供給 1台平均446.8周)
フェラーリTipo062 EVO
    2,410周   11,218.6km
    3チーム供給 1台平均401.7周
   (昨年は 1,671周   7,778.5km
       2チーム供給 1台平均417.8周)
ルノーR.E.18
    2,177周   10,133.9km
    3チーム供給 1台平均362.8周
   (昨年は 1,865周   8,681.6km
       3チーム供給 1台平均310.8周)
ホンダ RA618H
       822周     3,826.4km
    1チーム供給 1台平均411.0周
   (昨年は   425周   1,978.4km
      1チーム供給 1台平均212.5周)

エンジン1基のみを使い回してやっているわけではないので拡大解釈にはなりますが、エンジンの働きっぷりをメーカー別で数的評価しました。多角的に見ることができ、ひとえに順位付けもできないためそこは割愛しました。メルセデス、フェラーリが周回を減らす中、ホンダは昨年の2倍近い距離を稼ぐ飛躍をみせています。また1人あたりの周回数で単純に均せばメルセデスに次ぐ411周換算になります。テストとはいえフェラーリ超えしました。仮に全7,979周を全20人で割れば、1人あたり399.0周になりますから、フェラーリがほぼほぼ平均値としてルノー以外の3メーカーは最低限の達成はしているとみてあげたいです。

《個人1日あたりの周回数・走行距離ベスト10》
  1.ベッテル(フェラーリ)    188周 875.1km 2-3
  2.フェルスタ(レッドブル)187周 870.5km 2-3
  3.グロージャン(ハース)    181周 842.6km 2-4
  4.ベッテル(フェラーリ)    171周 796.0km 2-1
  5.ガスリー(トロ・ロッソ)169周 786.7km 2-3
  6.リカルド(レッドブル)   165周 768.1km 2-2
  7.オコン(F・インディア) 163周 758.8km 2-4
  8.ルクレール(ザウバー)   160周 744.8km 2-2
  9.ペレス(F・インディア) 159周 740.1km 2-3
10.ライコネン(フェラーリ)157周 730.8km 2-4

テスト最多周回数・最長距離
    ベッテル(フェラーリ)     643周 2,993.2km

頑張るマングランプリです。いずれも2回目の4日間から上位となっています。少しでもマシンを理解し、結果をフィードバックできるかが表れてきます。去年は1日に168周をこなしたベッテルが今年はさらに距離を188周(決勝3レース分)伸ばしています。875kmって東京から西でいうと道のりで広島の先、北に向かえば青函トンネル内に達します。miyabikunも年に1回だけ1日不眠で900〜950kmのドライブをすることがあるのですが、次の日は結構死にます。目と腰が本当に疲れる。市販車の高速道路(でもって歳はライコネン並み)でそんなグッタリしてしまうのに、速度も身体への負担も比にならないF1マシンでのドライブともなると、半端じゃないですね。まさに走り屋、仕事とはいえ、好きですねー。ちょうど10歳下のフェルスタッペンだって負けちゃいない。来年は抜くのだ!そしてその前にレースで勝つのだ!ガスリーやルクレールも距離をこなしてF1マシンに馴染まんばかりの勤勉さ。チームとして距離を最も稼いだメルセデスはトップ10には入りません。さっき書いたようにあちらは2人で分業にしているためです。
IMG_6308
テスト8日間最長もやはりこの方。シーズン前テストの意欲からポイントを加味できれば申し分ありません。授業中はたまに出歩いたり暴れたくなっちゃう彼は、実は自習中や放課後はお利口で勤勉なのです。他にはない独特な着眼点や理論を持っているのだから、それを本番では自制しましょう。今シーズンは同数戴冠対決にいよいよ白黒の決着がついてしまうかもしれません。