IMG_6147
3月6日〜3月9日の4日間行われたシーズン前2回目のテスト。今更ながら2回目の4日間の区切りに前回と対比すべく同じグラフを使ってみていきます。

《走行距離》
2回目の4日間は雪もなく天候には恵まれたようですね。各チームは1回目でこなせなかったテストやシミュレーションを引き続き行っています。1日目の1,146周を皮切りに2日目1,332周、3日目1,624周まで伸ばしました。
IMG_6235
3日目は各チーム150周前後の周回を行なっていますが、中には1日目は38周、2日目は57周に止まるマクラーレンや最終の4日目にルノーが45周などトラブルが起因で決勝周回数に満たないケースが出ています。2回目の各チーム最長走行は1日目がメルセデスの177周、2日目はルノーの190周、3日目がフェラーリの188周で4日目がメルセデスのボッタス104周でハミルトンが97周による合計201周に達しています。個人で頑張ったで賞は3日目のベッテルの188周になります。この方は本当にタフですね。体調悪くて午前中休んじゃう兄貴と違いますね。2位は同じく3日目のフェルスタッペンで187周。勤勉でよろしい。
IMG_6265
IMG_6237
2回目チームくくり最多周回はメルセデスの734周(3,416.8km)でした。1日平均は183.5周に相当します。各グラフは昨年のコンストラクター順位に並べているわけですが、興味深いのは示し合わせたかのように概ね走行距離も比例していること。ここの決勝は66周レースですから、132周で2回分、198周で3回分、以降264、330、396、462、528、594、660、726周となります。メルセデスは均すと4日間で11.1レース相当(2.8レース/日)、フェラーリが9.7レース相当(2.4レース/日)、一方でマクラーレンは5.1レース相当(1.3レース/日)でした。細かいことだけど、速さはともかくこういうことがテストを行う上で重要ですね。皆が同じ土俵でやっています、足りない部分は開幕までに改善するしかありません。こんなことやっていられるのはテストの間だけ。

続いてエンジン別走行距離を見てみます。
IMG_6264
最も仕事をしたのは今回はメルセデスF1 M09 EQ Power+の累計1,822周でした。1日あたり455.5周、1チームあたり607.3周、ドライバーあたり303.7周、ドライバー1日あたりは75.9周となります。細かなエンジントラブルまでは把握できていませんが、数だけみれば信頼性は問題なし、不安要素も感じませんね。
皆さん気にしているのは、ホンダでしょう?!ホンダRA618Hはメルセデスと同じ水準でみていくと、1日あたり124.5周、1チームあたり498周、ドライバーあたり249周、ドライバー1日あたりは62.3周ですね。最強エンジンにまあまあ肉薄しつつ、1レース分には少々足らずか、ラップダウンすればちょうどいい感じ?!(笑)縁起でもないですね、失礼しました。

《タイヤ別チーム別最速ラップタイム》
参考までにタイヤ別最速ラップ比較になります。
IMG_6239
HS:ベッテル(フェラーリ)       1分17秒182
US:ハミルトン(メルセデス)   1分18秒400
SS:リカルド(レッドブル)       1分18秒327
S   :シロトキン(ウィリアムズ)1分19秒189
M  :ハミルトン(メルセデス)   1分18秒825

参考に昨年のテスト8日間の最速ラップです。
US:ベッテル(フェラーリ)       1分19秒024
SS:ライコネン(フェラーリ)    1分18秒634
S   :ベッテル(フェラーリ)       1分19秒906
M  :ベッテル(フェラーリ)        
1分21秒878

2日目でリカルドが1分18秒を切る記録で走ったと思いきや、3日目ではテストでは最速のフェラーリのベッテルがハイパーソフトタイヤで昨年スーパーソフトタイヤのライコネンが記録したタイムよりなんと1.5秒早いタイムで1分17秒台を切らんばかりの勢いをみせました。メルセデスはこの様子からみてもやっぱりフルアタックしていなさそうですね。ただ脅威なのはミディアムタイヤの記録をみてください。昨年最速との比較で3秒縮めています。0.3秒ではありません。ちなみに今シーズンのスペインGPはスーパーソフト、ソフト、ミディアムタイヤの3種類で行われます。ということは、確かにハイパーソフトタイヤの感触や相性はみておきたいけど、ココの実践に使われるものではないのです。一応全コンパウンドで昨シーズンのテストタイムを上回ってきましたので、フルパワーは計り知れませんがハロ分含めても向上は見てとれたのではないでしょうか。
IMG_6220
といった具合の合同テスト2回目でした。裏でテスト全まとめを鋭意進めておりますです。