F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

F1の2019年シーズン、無事に終わってしまいましたね。これから開幕戦まで退屈だけど楽しみな時間をしばらく過ごすことになります。先日「F1コレどこGP」と題して前回はストレート編で10問のクイズを出しました。反響が多く、楽しめたとの有難いお言葉を頂きましたので、調子に乗って第2弾「高速コーナー編」をやってみたいと思います。今回も現役サーキットの有名ポイントから抽出してみました。なかなか運転視点の見た目だけでは判断が難しいと思いますので、ヒントと合わせて違う角度からの画像も参考に全問正解を目指してみて下さい。

Q①
IMG_0704
ヒント:緩やかな左コーナーですね。本当はココはコーナーとしてカウントされていません。が、miyabikunが個人的に好きな区間なので取り上げました。画像左は奥行きの浅いグリーンの先にウォール。右側に至ってはトラック際にウォールが立ちはだかり、横Gに耐え切れず外側にはらみ出したりしたら一瞬で大破しそうです。ヤシのような街路樹が等間隔に並べられた先は開けていますね。何かあるんでしょうか?あるいは何も無いとか。実はよーく目を凝らすと「答え」がたくさん書いてあるので、そこは流し目で見て下さい。
IMG_0705

Q②
IMG_0706
ヒント:ココは地味や。。動画ならまだしも、画像から特徴が伝わり難い。高速度の右コーナーで近年はマシンによってはノーブレーキ化したと言われています。見た目は地味で我はなかなか気付き辛いですが、実は今回の10問の中で「一年間でF1マシンが一番多く通過している」コーナーなんです。何じゃそりゃ?!何が言いたい?!もしかしたらココのレース自体が近々無くなる噂もありますので、目に焼き付けておいた方がいいかもしれません。
IMG_0707

Q③
IMG_0711
ヒント:こちらは特徴的ですね。F1屈指のハイスピードかつハイGの右コーナーです。大したヒントは要らないはず(笑)コーナーの線形や周りの風景云々ではなく、こういう模様はアレかコレしかない。運転視点ならさほど嫌味は感じませんが、俯瞰の映像をみると本当に目がチカチカしてしまいます。
IMG_0712

Q④
IMG_0715
ヒント:左コーナーです。コーナーの外側には比較的高い木々が立ち、左側もエスケープゾーンがあまりなく、フェンスの先は暗い。こちらも木が生い茂っています。遠くの正面にも木が見えますので、なかなかな田舎なのかな。どうみても市街地サーキットではなく、自然の中にでもあるのでしょうか。この左コーナーの先はまた緩やかに右にカーブしており、減速することも無さそうなので、ここの通過速度は高そうです。
FullSizeRender

Q⑤
IMG_0727
ヒント:コーナー外側にドーム状の建造物が見えます。木々も無いしパーマネントって感じはしませんね。路面はあたかもスケートリンクのように滑らかそうな。ヒントとして2枚目の画像の方がわかりやすいです。コーナー内側に国旗が綺麗に並べられています。万国博覧会みたい。コーナー名はありませんが、人によって呼び方が変わります。過去にこのサーキットの国出身ドライバーが大ポカをかまして左遷させられていました。
IMG_0728

Q⑥
FullSizeRender
ヒント:ココも運転視点だけではなかなか断定し辛いかもしれません。F1の歴史では非常に古くからあり、大規模な形状変更はありませんので、過去から現代までほとんどのフルタイムドライバーは走行しています。ただ面白いことに現在はターン9に当たるココが昔はターン1でした。40代以上のファンなら、そちらの方が馴染みがありそうです。miyabikunはギリギリ30代だけどまだターン1のイメージが強い。
IMG_0722

Q⑦
IMG_0717
ヒント:F1の「元祖ハイスピードコーナー」です。この右コーナーは入りの方角と出の方角が逆転する、いわゆる180°ターンとなっています。ただ単なるU字の線形ではなく、曲率が変化しているため、走行ラインはインに入り、アウトへ出るという点も特徴的です。歴史があればいたましい事故も数多くあります。このコーナーでも過去に偉大なドライバーが命を落としており、例外ではありません。内側の縁石の色もヒントになります。
IMG_0718

Q⑧
IMG_0724
ヒント:東洋を代表するハイスピード左コーナーです。歴史があり、昔から受け継がれる無機質なコーナー名が付けられていますが、実態は「左コーナー2つ」で構成される複合コーナーに改良されたため、コーナー名は「過去の名残」になってしまいました。コーナー両側のエスケープゾーンは浅く、俯瞰の写真を見ると低い位置に逆車線のトラックが見えています。このサーキット、なかなか起伏がありそうだ。
IMG_0725

Q⑨
IMG_0719
ヒント:非常に緩やかな左コーナーです。ステアリングの舵角からしても、今のF1マシンであればほぼストレートみたいな扱いと言っていいでしょう。意外と平坦、でも先には高い緑が見える。郊外の新興サーキット?!このコーナー名はかの有名なコーナーと同じ名前が付けられています。意味は同じなのですが、言語の違いでスペルに違いがあります。
FullSizeRender

Q⑩
IMG_0709
ヒント:コレは!ヒントなんて要りませんよね。そうです、あそこのアレしかありません(笑)このサーキット自体が高速寄りではないため、ココが数少ない高速区間となります。また構造上、エキゾーストノートが反響するため、よりスピード感が増しますね。答えはご覧になっている皆さん満場一致で揃うでしょう。さあ一斉にお答えを、どうぞー!
FullSizeRender


分かりましたか?!今回はストレート以上に判別し辛いかもしれません。甘々なヒントである程度は目星が付くかもしれません。

FullSizeRender
CL「ファイナルアンサー?」
MV「にひ、こんなの余裕!いつでもどうぞー」

 A①:セクター2(アルバートパーク)
 A②:ルノー(カタロニア)
 A③:シーニュ(ポールリカール)
 A④:ブランシモン(スパ・フランコルシャン)
 A⑤:ターン4(ソチオリンピックパーク)
 A⑥:コプス(シルバーストン)
 A⑦:パラボリカ(モンツァ)
 A⑧:130R(鈴鹿)
 A⑨:パラボリカ(ホッケンハイムリンク)
 A⑩:トンネル(モンテカルロ市街地)

運転視点では分かり辛いでしょうか。カメラアングルがもう少し上だと風景を捉えられるのでしょうが、素材を「お借り」している立場なのでさすがにワガママは言えません。次はもう少し特徴が分かる出題ができるようにします。

FullSizeRender
CL「で、お前。何問正解?」
MV「にひ、2点!正解は③と⑩だけー」


にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0613
アブダビGPはトワイライトレースで有難いことに「日本時間」にも合わせたいつも通りの時間帯なはずなのに、miyabikunはフェラーリのダブルピットストップを見届けたあたりの途中で寝てしまいました。。記念すべき2019年シーズンのラストレースでお恥ずかしい。。単なるおっちゃんだからというわけではなく、理解ある方なら理由は言わずともお察し頂けると思います。というわけで、二夜連続となった決勝観戦記を書き綴っていきます。

トップ集団のスタート直後の混乱は無し。ただ中団が騒つく。
IMG_0620
レーシングポイント2台に挟まれる形のグリッドとなったトロ・ロッソのガスリーはターン1をターンインする際に13番手スタートのストロールに左リヤをヒットされる。
IMG_0621
左に急転すると続いては11番手スタートのペレスに左フロントをヒットさせてしまいます。フロントウィングも失ったガスリーはスタート直後に最後尾降格へ。今シーズンは昇格に降格、初表彰台登壇と印象深いシーズンとなりましたね。来シーズンも表彰台登壇の自信で新生「アルファタウリ」を引っ張っていきたいですね。
IMG_0619
IMG_0617
2番手フェルスタッペンの序盤はキレが無く、宿敵ルクレールに2位を明け渡し、4位番手スタートのベッテルにも並ばれかけていました。まだ「エンジンがかかっていない」ご様子。
FullSizeRender
マッタリし始めた13周目にルクレールに続いてベッテルがダブルピットをグズグズ終えたのを見届けたあたりで「安心」したのか、緊張感から解き放たれて目を開けつつ頭は寝てしまっていました。


このアブダビGPの序盤は全車に対して「DRSが使用できない」という珍事がありましたね。追い抜きに手こずるアブダビGPでそれを取り上げられると接戦チームはたまったもんじゃない。
IMG_0638
最後尾スタートからタイヤ交換無しで順当にきたボッタスは序盤で5位まで浮上するも、同じくタイヤ交換を引っ張るファイナルヒュルケンベルグにはさすがに引っかかって、ベッテル、アルボンも続いています。みんなみんな、普段はDRSを使える区間でもフラップは閉じています。
IMG_0639
タイヤ交換を終えたベッテルにとっては、使い古し連中に付き合っている場合ではない。「グレーな」ハイパワーでDRSを使わず攻めてみる。
IMG_0640
IMG_0641
抜けない。相手はボッタスでも、マシンはメルセデスですから、生半可ではとても無理。サーキット特性もありますが、近代ドライバーはDRSありきで長らくF1を戦ってきました。昔のドライバーはこんなの無しで、時にはラフでリスキーなパッシングをしたものよ。
IMG_0642
18周目にようやくDRSが使用可能に。15周遅いぞ!
FullSizeRender
ヒュルケンベルグの背中を使い、こぞって開放。
IMG_0644
ようやくボッタスが「喉の支え」を取り払う。さあボッタスは最後尾から何位まで鬱憤を晴らせるか。Q2で履いたミディアムタイヤは55周レースの30周まで引っ張りました。

うーん、月曜夜に観返しても、見せ場が少ないなぁ。ツッコミどころに悩む。。

MS「今パパが抜かれた理由はわかるか?ロビン」
IMG_0645
RR「おじちゃんのはなしきかないよ。パパにたにんのはなしはきいちゃいけないといわれた」

IMG_0648
スタート直後に辱められたフェルスタッペンは31周目に再びあのルクレールと接近します。
FullSizeRender
ファイナルクビカ先輩の背中を借りて将来有望な2人はDRS対決!
IMG_0652
MV「えへへ、もうエンジンかかったもんねー」
FullSizeRender
相手はルクレールですからね、黙って引き下がるわけがない。アウトからやり返す。
IMG_0654
危ない!またやるか?!今シーズンでよくわかったこと。ルクレールはあんな顔して、闘争心と負けん気が強く、えげつない。まるで羽生結弦みたいだ。チャンピオンを獲得するには必要な資質です。

IMG_0655
IMG_0657
《決勝結果》
   1 ハミルトン   (メルセデス・M)
   2 フェルスタッペン(レッドブル・H)
   3 ルクレール   (フェラーリ・F)

《ファステストラップ》
   ハミルトン   (メルセデス・M)1分39秒283
《ドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ヒュルケンベルグ(ルノー)

FullSizeRender
《miyabikunの選ぶドライバー・オブ・ザ・デイ》
   ボッタス    (メルセデス)

予選後の予想ではアルボンを捕まえるあたりまでタイヤ交換を引っ張るのではないかと思っていましたが、フェラーリが早い段階で1回目を終えたこともあって暫定ながら4位となる30周まで耐え抜きました。結果的にトップ3のベッテルとアルボンを食うことに成功して4位で終えたことは数少ないアブダビGPの中での力強い話題でした。ボッタスも数年に渡りこの最強メルセデスをドライブし、隣にはチャンピオンを獲得した者がいるわけですから、来シーズンはどうすればいいか身をもってわかっているはずです。期待していますよ!

FullSizeRender
《最終戦アブダビGPのポイント》
 ・ナイトレース、アブダビは、眠くなっちゃうん
 ・久々キングの完璧な逃げレース
 ・最近のお子にアブダビのDRSお預けは地獄
 ・ヒュルケンベルグ、クビカ、お疲れ様でした!

《2019年ドライバーズランキング》
 1 413 → ハミルトン   (メルセデス・M)★
 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 3 278 → フェルスタッペン(レッドブル・H)
 4 264 → ルクレール   (フェラーリ・F)
 5 240 → ベッテル    (フェラーリ・F)
 6   96  ↑  サインツ    (マクラーレン・R)
 7   95  ↓  ガスリー    (トロ・ロッソ・H)
 8   92 → アルボン    (レッドブル・H)

《2019年コンストラクターズランキング》
 1 739 → メルセデス・M ★
 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 5   91 → ルノー・R
 6   85 → トロ・ロッソ・H
 7   73 → レーシングポイント・M
 8   57 → アルファロメオ・F

IMG_0658
2019年のF1はいかがでしたでしょうか?!面白かったと思う方、つまらなかったと思う方、それぞれいることと思います。今年も1ヶ月を切りました。12月は毎年恒例の様々な「まとめ月間」です。データが整い次第アップしていきますので、シーズンの振り返りに使ってもらえれば幸いです。今シーズンも一年間、観戦記にお付き合い頂きありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
アブダビGPのスタートは「F1の夕暮れ」でもあります。チャンピオン争いは例年とさほど変わらないシーズンではありましたが、新たなポールシッターと新たな優勝者、新たな表彰台登壇者、さらには将来期待できる若手や新人を生み出して70年目を締めくくります。

優秀な新人との出会いがあれば長年に渡ってF1に携わったドライバーとの別れもありますね。F1大国になり得た真っ只中にデビューし、浪人や度重なる移籍で安定したキャリアを積んだルノーのヒュルケンベルグ
IMG_0580
一方で前例の無いポーランドから代走を経て、早い時期に「将来のチャンピオン候補」とも言われた矢先にドライバー人生を失う大事故、そこからの奇跡の復帰を果たした不死鳥クビカ
IMG_0581
どちらもF1を知る者であれば欠かせないドライバーでしたね。この先はまだ分かりませんが、ひとまずF1ラストレースとなります。しかと走りを見届けましょう。

Q1の1本目アタックの直前で早速この方がやらかしていました。
IMG_0582
毎年の事になっていますが、このレースでこのシーズンも終わるから。厄は旧年に全て落としておきましょうね。来年がマジの正念場になるだろうから。
IMG_0585
この方も充分ベテランなのに毎年ポイントを稼げずにきています。一緒にいる分には悪い人では無いんだろうけどツキもなくまま暴れちゃうし、成績が不安定ですね。
IMG_0586
それに追い討ちをかけるように、ヒヤリハットの横槍を入れる人が
IMG_0587
クビアトです。ただでさえ予選位置が安定しないってのに、チームもちゃんとみてあげてよ。
FullSizeRender
タイムアップ直前でレーシングポイントのペレスがトップのハミルトンから1.1秒落ちの5番時計はすごい!ストロールも12番手通過で幸先いいタイム計測ができています。Q1は邪魔されグロージャンと前戦ブラジルGPでミラクル上位フィニッシュでポイントを稼いだアルファロメオがそろって脱落。ライコネンをもってしても18番手って酷すぎるな。一応、アブダビGP優勝経験者なんだけど。
IMG_0584

FullSizeRender
Q2のハミルトンとレッドブル勢は黄色いミディアムタイヤで出発。フェラーリは?!
IMG_0590
ボディカラーと同じ赤いソフトだ。そう来たか。
IMG_0592
KM「ミディアムなら、俺もだよ」
ハースのマグヌッセンもでしたね、失礼!こちらは黄色いミディアムの方がマシンに映えてカッコいい。
IMG_0593
1本目はソフトのフェラーリよりミディアムを履いたメルセデスの方が僅差で速い。同じタイヤならもっと差がつくと考えると、アブダビはやはりメルセデスの独壇場になりそうな気配です。
IMG_0594
あ、ボッタス走るんだ。いいことだけど、チェック程度だよね?!パワーユニット交換ペナルティをはじめ、予選前までに「色んな出来事」があったけど、金曜のフリー走行は好調だったもんね。ポールポジション獲れたかもしれない。
IMG_0595
え、2番手タイム?!マジか、、いいことだけど、そのタイムなら充分Q2突破しちゃうんじゃ、、いや、いいのいいの!コッチの話(笑)
IMG_0596
Q2のタイムアップ直前にはルクレールがミディアムタイヤでトップタイムを叩き出した関係で、スタートタイヤはミディアムに決定。ということは、トップチームでソフトタイヤスタートとなったのはベッテル独りぼっち。まあこれなら戦略も違うし同士討ちは免れるかな。
IMG_0599

IMG_0600
Q2のトップタイムを奪われたハミルトンはQ3の1本目からリベンジを図ります。チャンピオンは獲ったけど、得意としてきたポールポジションは今シーズン少なめでした。ポールからでなくても勝ち、F1ナンバーワンドライバーに向けたいい進化です。その後ボッタス、ルクレール、ベッテルと続いて、このアブダビGPで輝きがみられないフェルスタッペンは
IMG_0601
0.3秒落ちでハミルトンの後ろに割って入る。レッドブルはどうしてもフェルスタッペン1人に託す形になりがちで、セカンドがついてこれない。
FullSizeRender
ポールポジションを決めるオーラス2本目はルクレールが隊列の最後尾に就きます。残り1分でターン9を過ぎたあたり。ヤス・マリーナサーキットは1周で1分30秒以上かかります。第3セクターはカクカク低速エリアだし、この位置でアタックに間に合うの?!
IMG_0607
前を走るベッテルはギリギリセーフ、ルクレールは赤信号が灯り、タイムアップ。間に合わないじゃん、何やってるの?!これじゃあダラダラなイタリアGPの二の舞じゃん。
FullSizeRender
ボッタスは結局Q3も真面目に取り組んで、2番手を獲得。結局、降格ありきで変に詮索したりせず、普通に予想してよかったんだね(笑)鬱憤を晴らせたかな。

IMG_0608
《予選結果》
 1 ハミルトン     (メルセデス・M)1分34秒779
 2 ボッタス      (メルセデス・M)1分34秒973
 3 フェルスタッペン(レッドブル・H)1分35秒139

《予想との答え合わせ》
あくまでボッタスの降格は考慮せず、予選の順位との答え合わせをしていきます。
ポールのハミルトン、7番手ノリス、8番手リカルド、11番手ペレス、17番手ジョビナッツィ、19番手ラッセル、20番手クビカとなり、正解は7人でした。ドライバーの中には「ボッタスはQ2以降は走らないはず」なんて読みでQ3進出を狙った者がいたかもしれませんね。残念でしたー。

IMG_0588
《Q3トップのハミルトンとの差》 
 メルセデス(ボッタス)は0.2秒落ち
 レッドブル(フェルスタッペン)が0.4秒落ち
 フェラーリ(ルクレール)も0.4秒落ち
 マクラーレン(ノリス)は1.7秒落ち
 ルノー(リカルド)も1.7秒落ち
 レーシングポイント(ペレス)が2.2秒落ち※
 トロ・ロッソ(ガスリー)は2.3秒落ち
 ハース(マグヌッセン)が2.5秒落ち
 アルファロメオ(ジョビナッツィ)は3.3秒落ち
 ウィリアムズ(ラッセル)が3.9秒落ち
 ※は最速タイムから算出

コンストラクターの「中の上」に位置するマクラーレンとルノーは4台揃って非常に僅差でした。今回がひとまずのラスト予選となるヒュルケンベルグとクビカの2人は残念ながら相方には勝てずでした。次は頑張りましょう、いや次は無いんだ。ごめん。

《miyabikunのドライバー・オブ・ザ・デイ》 
 ボッタス(メルセデス)

色んなことがあろうがなかろうが、一生懸命タイムアタックに臨んでも実に地味。でも当たり前とはいえQ2で手を抜く事なく、最後まで参加し、自身の速さを見せつけたボッタスを誉めたいと思います。いいないいなー来シーズンもメルセデスのマシンに乗れるし、新しい女の子にも乗りたい放題じゃないか!地味が何だ、エミリアが何だ、ファンが少ないが何だ、miyabikunはこれからも君の走りに注目し、クローズアップしていくから心配するな!

《決勝の表彰台予想!》
 1 ハミルトン   (メルセデス・M)
 2 フェルスタッペン(レッドブル・H)
 3 ルクレール   (フェラーリ・F)

ヤス・マリーナは抜き辛いコースレイアウトであるため。予選スターティンググリッド順で表彰台順位も決めました。ボッタスはおそらく6位アルボンとのバトルできるまではミディアムタイヤで乗り切る気がします。表彰台まではなかなかまだ遠いけど、決勝での何台抜いてこられるかに注目したいと思っています。

IMG_0579
泣いても笑っても、決勝レースが今シーズンのラストレースとなります。予想を覆す順位で皆に頑張ってもらいたいですね!

にほんブログ村 車ブログ F1へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ