F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

ペーター・ザウバーは存命ながら当人はおらず、チームとシャシーに名だけが残り、今や古豪の領域に入りつつあります。中団から下位を行ったり来たりするチームは近年フェラーリ色が一層強く、この名前が今後いつまで継承されるのかも非常に興味がありますね。
来シーズンはチャンピオン経験者のライコネンを迎え入れ、さらなる飛躍が期待されます。F1現役最高齢、最多出場のライコネンのキャリアスタート、共に才能を開花させたのもここザウバーからでした。今回はそのデビューマシン、2001年型C20を取り上げてみます。
IMG_7089

《設計》
(セルジオ・リンランド)
レオ・レス
ステファン・テイラー
ウィリー・ランプ

IMG_7096
《外見》
当時のチーム名は「レッドブル・ザウバー・ペトロナス」でした。今のレッブルグループと同様にノーズコーンの着色が施され、色はクレディスイスっぽい白へ。サイドポンツーンにはペトロナスの可愛らしいフォント。更にはエンジンはフェラーリという、今のライバルトップチームによる合作みたいになっています。ザウバーは元々メルセデスというバックボーンをもってF1参戦していますから、ありとあらゆる策を講じてF1で生き延びていることになります。プライベーターとして賢いやり方です。
優勝やポールポジションもないこのマシンでも、ある革新的なアイデアが盛り込まれています。フロントサスペンションの「ツインキール」化です。
FullSizeRender
90年代中盤からシフトしたハイノーズマシンにおいて、ノーズ下の空間をいかに有効活用してダウンフォースを得るかが課題でした。一般的にはノーズ下にロワアームを接続させるコブ(キール)で支持しますが、そうなると空力的に邪魔となります。そこでリンランドはそのコブを二又に独立させて左右のロワアームに繋げてより効率的な下部気流となるようにしました。以降このマシンを模倣するチームが多く出現し、05年マクラーレンMP4-20が「ゼロキール」を導入するまでトレンドとなりました。このC20といいMP4-20といい、たまたまだと思いますがライコネンは「サスペンションの先駆けマシン」のどちらもドライブしていることになります。そんな工夫を施したリンランド当人は実はマシンは作るも開幕直前にフェルスタッペンらが所属するアロウズに移籍したため、まさにチーム成績上昇のための「置き土産」をする形となりました。
IMG_7090
その他、フロントウィングやノーズへのステーもサーキット特性に合わせた形で様々なバージョンを用意。また前作C19と比較して低重心化と35kgの軽量化も図られており、一年落ちとはいえチャンピオンマシンに搭載されたエンジンは若手ドライバー2人の台頭をさらに助けています。

IMG_7092
《シャシー》
全長:4,450mm
全幅:1,600mm
全高:950mm
最低車体重量: − kg
燃料タンク容量:− ℓ
クラッチ: −
ブレーキキャリパー:ブレンボ
ブレーキディスク・パッド:ブレンボ
ホイール:BBS
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プッシュロッド
タイヤ:ブリヂストン

IMG_7094
《エンジン》
ペトロナス01A
(フェラーリTipo049)2000年型の一年落ち
V型10気筒・バンク角90度
排気量:2,997cc(推定)
最高回転数: - rpm(非公開)
最大馬力:770馬力(推定)
スパークプラグ:チャンピオン
燃料・潤滑油:ペトロナス

エンジンは前年00年にM・シューマッハがハッキネン打破に成功したフェラーリF1-2000に搭載された「Tipo049」をペトロナスのバッジネームで使用していました。パワーは折り紙つき。

IMG_7100
《ドライバー》
No.16 ニック・ハイドフェルド(全戦)
No.17 キミ・ライコネン(全戦)

IMG_7086
《戦績》
22ポイント コンストラクター4位
(3位1回、4位3回、5位1回、6位6回ほか)
ポールポジション0回

ドライバーは一新し、プロストからデビューしてこの年からザウバーに移籍してきた2年目のハイドフェルド23歳。そして下位の下位カテゴリーとなるフォーミュラ・ルノーでたったの23戦しか出走していないライコネン21歳による若手コンビに変更して挑みました。ハイドフェルドもライコネンも今まで経緯については何回か取り上げてきましたし、わざわざ取り上げるまでもなく有名な話かと思いますが、ハイドフェルドはドイツを代表するメルセデス育成選手の一人としてマクラーレンのテストドライバーを経験するなどポストM・シューマッハと期待された若手。逆にライコネンは「どこの馬の骨かわからぬ」状態でスーパーライセンス発給についても「とりあえず4レースまでの条件付き」という仮免許状態と、今ではあり得ないスタートを切っています。
IMG_7097
怪しい面持ちで蓋を開けてみれば、開幕戦オーストラリアGPではハイドフェルドが予選10番手から決勝4位入賞、ライコネンは13番手スタートから6位入賞と予想を覆す結果で始まります。以降ハイドフェルドは第3戦ブラジルGPで自身初の3位表彰台を獲得して、プロストでの1年目を払拭する結果を残し、株を一気に上げています。ライコネンは表彰台こそないものの、最高位4位を2回、計4回の入賞を記録し、堂々とスーパーライセンスの発給にこぎつけています。
結果的にハイドフェルドは12ポイントを獲得してランキング8位、ライコネンは9ポイントでランキング10位となり、フェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズに続くコンストラクターズ4位に浮上するという飛躍的なシーズンを迎えることとなりました。この順位は現在までのザウバー参戦23年(BMWザウバー時代を除く)の歴代最高位となっています。
image
マクラーレン(メルセデス)のチャンピオンであるハッキネンがいよいよ休養、そうなれば表彰台を獲得し、さらにはテストドライバーであったハイドフェルドの出番か!?と思いきや、マクラーレンがハッキネンの後任に選んだのは同郷のライコネンの方でした。ライコネンはマクラーレンのドライバー初戦の02年開幕戦で早速3位表彰台、キャリア3年目の03年マレーシアGPで初優勝と出世街道まっしぐら。方やハイドフェルドは03年までザウバーに居座る形からジョーダン、ウィリアムズ、また(BMW)ザウバーとチームを転々。速さと安定した完走率は確保するも優勝はなく、11年にルノーを途中離脱する形でF1を去っています。キャリアも歳も浅い「2つの才能」はこのマシン以降、全く違う方向へ進むこととなりました。
FullSizeRender
ライコネンは老いた今でもF1界を代表する人気ドライバーとして居続けています。半ば「賭け」だったかもしれませんが、当時のマクラーレンとメルセデスは先見の明があったのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今回みていく「珍レース」はまだ日が浅い2016年4月に放映されたTBS「水曜日のダウンタウン」の検証「ゲーム×現実 ミックスカート対決」です。今でも毎週水曜日に放映されるこの番組、ドッキリ系の検証はハラハラしてしまいmiyabikunあまり得意ではないのですが、興味深い検証からくだらない検証など様々あり面白いですよね。ただ帰りが遅くて、リアルタイムで冒頭から通しで観れたことがほとんどありません。

IMG_7008
ご覧になった方ならご存知だと思いますが、よいこ有野晋哉が持ち込むこの企画の主旨は「レースゲームが得意な者とレースが得意な者をミックスさせて競争する」というもの。ゲーム好きの有野らしい面白い企画だと思います。ゲームはWii Uの「マリオカート8」を使って行われます。最近のもの過ぎてmiyabikunこれは持っていないし、やったことがありませんでした。
IMG_7013
IMG_7014
マリオカートを1周して、直後に現実カートを1周。それを繰り返す形で公平に織り交ぜていきます。

IMG_7009
「ゲーム側」の対象者は有野と同様にゲームが大得意なバカリズム。自信はあるとのことですが、実は普通免許をすら持っていないため現実の方は経験はなし。
IMG_7010
「レース側」の対象者として選ばれたのは、この2016年時点で既に「元」となってしまっている小林可夢偉です。ダウンタウンと同郷の兵庫県尼崎市出身ということで、ダウンタウンの他番組でもちょこちょこ共演がありますよね。ちなみにマリオカートは「初期のをやったことがある」程度とのこと。なかなかいい勝負になるかもしれません。
IMG_7015
赤の「マリオ」がバカリズムで画面は左側、対する右側が緑の「ルイージ」小林。見た目がピッタリだし、色がはっきり分かれていてわかりやすい。

IMG_7016
IMG_7018
1周目はゲームはさすがバカリズムに分があるかと思われましたが、小林はしっかりパッシングしてドリフトをかましています。実は小林はマリオカートが上手い?!
IMG_7019
IMG_7020
IMG_7022
その後バカリズムは「アイテム」を使って順位を戻し、続くは現実カートへ。小林から大量リードで逃げるバカリズムも初運転の割にこちらも上手いか?!
IMG_7024
IMG_7025
こちらではバカリズムが単独スピンから小林に先行を許して再びゲームに戻ります。忙しいけど、今までこんな企画のレースは見たことがありませんね。面白い。
IMG_7030
IMG_7032
ゲームは小林もそつなくこなし、カートはバカリズムもそこそこ。と互角の戦いが続きます。でもどうしても勝ちたいバカリズムは考えました。
IMG_7033
小林は2回目のカートを終えて最後のゲーム部屋に向かっていきます。ゲームもリードで終えて、最後のカートで勝利が見えたと思えば、
IMG_7035
あれっ?何気に同時スタート?!どうした小林。
IMG_7037
実は2回目のカートで遅れたバカリズムはカートの停止を本来のコントロールラインを越えて停車しており、戻ってみると差を相殺しています。バカリズム賢いな、こすい(笑)F1でこんなことやったら黒旗失格だろうけど。本領発揮の小林はテールトゥノーズでバカリズムをあおり
IMG_7039
IMG_7043
結果は小林が勝利。バカリズムはあえなくスピンして小林がF1ドライバーの面目を保てました。レースを終えた後のバカリズムの感想も面白い。
IMG_7044
IMG_7045
この動画もYouTubeで閲覧が可能です。ご興味のある方は是非ご覧下さい。
https://youtu.be/7ep5NyH28bQ

IMG_7046
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前日までシーズンを振り返れば、残されたものは、そう、毎年この時期恒例の「録画したレースをディスクにまとめてオリジナルレーベルを作ろう」です。今年もああでもないこうでもないと、無い知恵絞って数パターン作ってみましたのでご報告します。

FullSizeRender
あれっ、前からそんなケースに入れていたんだっけ?!実は今シーズンから変えたのです。前に使っていたものには入り切れない枚数になってしまいました。前に使っていた白いやつも健在ですよ!今「飛行機のノンフィクションドラマ」が使っています。
以前に「ブルーレイディスクのレーベルなのに、中心部分を印刷していない意味がわからない」というご意見を頂きました。おっしゃる通りで、ブルーレイディスクはあの部分も印刷することが可能で、そこが印刷しないために泣く泣くが諦めた図案も多くありました。そこでmiyabikunの環境でもその部分が印刷できるか調べたところ、、、ソフトは対応していましたが、残念ながらインクジェットプリンターが非対応。。くそぅ型が古過ぎだ!というわけで今年もそこはダサいままですが、突き進むことにしました。ご了承下さい。
IMG_6885

①決勝+GPニュース:11枚
FullSizeRender
GP終了毎、時系列で非圧縮保存している「速報版」は昨年2017年の20戦10枚から21戦11枚に増加。21戦ってレース数も何だか中途半端に感じます。何かにつけて奇数より偶数の方が落ち着くmiyabikunです。10枚か12枚が気持ちいいのに(笑)
レーベルは今までと基本形は同じ。せっかくロゴマークも変わったことだし、オープニングのラストに登場するブラックバックでドーンと上半分を占拠しました。また下半分は昨年と同じくメキシコGPでチャンピオンを決めたハミルトンと健闘をたたえ合ったベッテルのワンシーンを借用。このシーン、何回観ても感動します。ライバル同士ピリついているのかな、いややっぱり長きに渡りF1を支える二大エース、言葉は無くとも「おめでとう、さすがだよ!」「ありがとう、来年もやろうな!」と会話しているかのように見えます。

②予選+決勝:3枚
FullSizeRender
予選+決勝の保存版は7戦分を1枚にまとめて3枚となり、2016年と同じリズムに。21戦は3つに割るか7つに割るかしかおさめようがありません。来年も21戦でいくようなので、欠かさず保存できたら同じことになると思います。こちらはこの容量をBL-R DLに無理矢理おさめているので、確か5倍速録画に圧縮しました。①の決勝との違いは「オープニングテーマから始まる」点です。サクッと観始めたい時はこちらが便利。
上半分は①と同じ。下半分はチャンピオンを載せることを「決まり事」としているためハミルトン単体にしています。こちらは日本GPのワンシーンで、ピットにたたずむマシンの前でご満悦のハミルトンをお借りしました。毎年ご紹介している手作りレーベルは前に書いたように2012年版から始めています。できれば毎年チャンピオンが変わり、皆違う顔触れになることを願っているのですが、7年間で使わせてもらったドライバーはたったの3人。ベッテル、ハミルトン、ロズベルグだけです。2019年はニューフェイスが現れてくれるといいなぁ。

③GPニュース:3枚
FullSizeRender
今シーズンは日本GPの直前スペシャルを除くと全15回でした。1GP分ならば1時間の放送、2GPで1時間半、さらに今シーズンは驚異の3GP分となる2時間版もありましたね。よって3枚それぞれの収録本数はまちまちになりました。ちなみに、日本GP直前の現地放送回、前夜祭、ドライバーズパレードなどは②の日本GP回にねじ込みました。
FullSizeRender
今回はフリーアナウンサーの山本耕一アナを起用しました。この方はとても親しみやすい合いの手を入れますよね。川井ちゃんとも歳が近いとのことで、友達のような掛け合いがみられます。まだF1実況歴も浅く、時々ミスも見かけますが、今後も続けて慣れてくれるでしょう。とても個人的な余談ですが、父並み、いや父以上に世話になった今は亡き叔父に、笑った顔やふくよかな体型など見た目がそっくり!54歳の若さで病死してしまったのですが、山本アナは今51歳、近いものを感じてしまうのも無理はありません。叔父さん、アッチでも酒呑んで元気にやってるかな。

FullSizeRender
今回は3種類のレーベルとなりました。こんな感じ。合計17枚で予選、決勝、GPニュースを重複させつつ全カバー。

④その他:4枚
FullSizeRender
これは昨年に載せ切れなかったもの2種類。年末に放送された2017年の総集編と年明けから開幕までの期間に放送された「F1 LEGENDS 20XX」になります。この企画自体を年末にやるのではなく、開幕前に全て出揃ってからやればこんな今更感がないのでは?!まあまあ、シーズンオフにやっちゃいたいじゃないですか(笑)開幕前は新車やテストでバタつくし。総集編はチャンピオンマシンF1 W08 EQ Power+でウィニングランをする真正面ハミルトンを選びました。
今シーズンも来たる12/23に2018年の総集編、そして年明けからF1LEGENDSが予定されていますね。個人的には「198X」以前が観たいです。その時代miyabikunは市販の総集編DVDしか持っていません。

以上、2018年版レーベルでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ