F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

今回の名門は今は無きロータスです。ロータスという名は近年では往年の黒ボディでライコネンが復帰ドライブした「ロータスF1」や、トゥルーリやコバライネンなど経験豊かなドライバーを擁し、後に小林可夢偉の復帰に通ずるケータハムの前身「ロータスレーシング」がありますが、これは先日「名門の中の名門」と同様にコーリン・チャップマンが設立した「本家」のみを取り扱います。miyabikunは辛うじて晩年を観ていますが、どちらかといえば6位入賞が精一杯で基本的には下位争いをしている時期であり、機能満載の常勝時代は生まれる前なので恥ずかしながら総集編DVDや書籍でしか知りません。

IMG_7655
ロータス
    初参戦           :1958年第2戦モナコGP
    最終参戦       :1994年第16戦オーストラリアGP
    参戦年数       :36年 / 68年 ※
    チーム参戦数:493戦 / 976戦 ※
    ドライバー数:121人 / 814人 ※
    優勝獲得数   :79勝 / 949戦 ※
    表彰台獲得数:172回 / 949戦 ※
    ポールポジション獲得数:107回 / 949戦 ※
    ドライバーズチャンピオン:6回 / 68年 ※
    コンストラクターズチャンピオン:7回 / 60年 ※
    ※各チーム横並びにするためデータは2017年終了時
IMG_7686
このマーク可愛いですよね。仏教の教えを重んじたイギリス人のチャップマンがその「蓮」の英訳をそのまま社名にしています。またこのロゴの中のA,C,B,CはチャップマンのフルネームであるAnthony Colin Bruce Chapmanの頭文字です。チャップマンは大学で航空宇宙工学を専攻しながら中古車販売業を始めたのがこのチーム発足のそもそものきっかけです。徐々にモータースポーツ業界に参入し、カスタムスポーツカーから自社製シャシー製造、販売と発展、名を知らしめていきます。1957年にF2に参戦、翌58年の第2戦モナコGPからF1参戦となりました。
モノコックシャシーを市販車に導入した先駆けである共に、F1マシンでのモノコックシャシー採用やグラウンドエフェクト、アクティブサスペンションなどF1マシンへの新技術の取り組みも積極的でした。また面白いところではマシンのカラーリングも国別の塗り分け(例えばイタリアは赤系、フランスは青系、イギリスは緑系、ドイツは銀色、日本はアイボリーなど)からいち早くタバコ広告を掲載する「広告塔」となったのもロータスからです。

《エントリー数 上位10位》
   1   90戦 E・デ・アンジェリス 10pts
   2   80戦 M・アンドレッティ      9pts ★
   3   73戦 J・クラーク                  8pts ★
   4   61戦 N・マンセル                 7pts
   5   60戦 G・ヒル                        6pts ★
   6   59戦 R・ピーターソン          5pts
   7   55戦 J・ハーバート               4pts
   8   48戦 A・セナ                         3pts
                中嶋悟                            3pts
 10   43戦 E・フィッティパルディ 1pt ★

今回のロータスは言うまでもなく1994年に消滅し現存チームではないため●◯マークのドライバーはいません。それもあってエントリー数が上位のドライバーも有名どころではあるものの様変わりしましたね。
最多は1980年台前半にドライブしたアンジェリスの90戦です。1985年にF1ドライブ2年目のセナにシーズン後半で盛り返されて敗北。6シーズンを過ごしたロータスを去ってブラバムに移籍した初年のシーズン内テストで28歳の若さで事故死しています。
取っつきやすいところでいくと、歴代7位に相当する55戦参戦のハーバート。相方ハッキネンと晩年のロータスを支えました。薬のCMに出ていましたよね。たまにはまたCMシリーズ復活しようかな。そして我が国の中嶋悟がセナとお揃いの48戦参戦で3ポイント獲得。チャンピオンのフィッティパルディ超えです。

《ポールポジション数 上位10位》
   1   33回 J・クラーク                  10pts ★
   2   17回 M・アンドレッティ        9pts ★
   3   16回 A・セナ                          8pts
   4   13回 R・ピーターソン            7pts
   5     8回 J・リント                       6pts ★
   6     5回 G・ヒル                         5pts ★
   7     4回 E・フィッティパルディ 4pts ★
                S・モス                          4pts
   9     3回 E・デ・アンジェリス    2pts
 10     1回 J・P・ジャリエ             1pt
                J・サーティース             1pt
                J・シフェール                1pt
                N・マンセル                   1pt

《ポールポジション率 上位10位》
   1 50.0% J・P・ジャリエ          10pts
   2 45.2% J・クラーク                  9pts ★
   3 40.0% J・リント                      8pts ★
   4 33.3% A・セナ                         7pts
   5 30.8% S・モス                         6pts
   6 25.0% J・サーティース            5pts
   7 22.0% R・ピーターソン           4pts
   8 21.3% M・アンドレッティ       3pts ★
   9   9.3% E・フィッティパルディ 2pts ★
 10   8.3% G・ヒル                         1pt ★

エントリー数の面々と同様に古参ドライバーが続きます。ロータスで特徴的なのは歴史はあるものの、スポット参戦も多く、どのジャンルも数だけみると少数でも上位にノミネートされます。その分、積算がめちゃくちゃ大変でした。もしかしたらどこかで間違っているかもしれません。
ポールマスターのセナの上をいくのが天才クラーク。F1在籍9年間全てがロータスでの記録です。この時点でこの名手がロータス以外から選ばれるわけもなく、すでに「ミスターロータス」であることは察しがついてしまいますが。クラークは32歳となった1962年の開幕戦南アフリカGPと第2戦スペインGPの間に行われたF2第2戦ドイツGPで死亡しました。セナ同様に「死んでいなかったらどれだけ記録を伸ばしたのだろう」というタラレバが尽きないドライバーの1人です。3位のリントは1970年の第10戦イタリアGPの最終パラボリカで死亡し、3戦残しつつポイントで上回る者がいなかったために前代未聞(後代にあっても困るが)の「死亡した後に決定したチャンピオン」として有名ですよね。

《優勝回数 上位10位》
   1   25回 J・クラーク                 10pts ★
   2   11回 M・アンドレッティ       9pts ★
   3     9回 R・ピーターソン           8pts
                E・フィッティパルディ 8pts ★
   5     6回 J・リント                      6pts ★
                A・セナ                          6pts
   7     4回 S・モス                         4pts
                G・ヒル                         4pts ★
   9     2回 E・デ・アンジェリス   2pts
 10     1回 J・シフェール               1pt
                G・ニルソン                  1pt
                I・アイルランド             1pt

《優勝率 上位10位》
   1 34.2% J・クラーク                10pts ★
   2 30.8% S・モス                         9pts
   3 30.0% J・リント                      8pts ★
   4 20.9% E・フィッティパルディ 7pts ★
   5 15.3% R・ピーターソン           6pts
   6 13.8% M・アンドレッティ       5pts ★
   7 12.5% A・セナ                         4pts
   8   6.7% G・ヒル                         3pts ★
   9   3.1% G・ニルソン                  2pts
 10   2.8% J・シフェール               1pt

ロータスを時系列でみていくと、無冠の帝王モスに続いたクラーク、そのクラークと1967年の1年間だけラップしたG・ヒル、衰退したヒルに若手のリントに引導が渡り、リントが死ぬとさらに若い南米代表のフィッティパルディ、さらにピーターソンとアンドレッティと黄金期を支えたことになります。ピーターソンもチャンピオン争いの最中、リント同様にイタリアGPでの事故がきっかけで死亡しています。
優勝数10位、優勝率は9位に入るニルソンはこの面々の中で記録こそ地味ですが変わったエピソードがあります。1976年に同郷スウェーデン出身のピーターソンに代わってロータスのシートを得たニルソンは1977年の第7戦ベルギーGPでフェラーリのチャンピオンであるラウダ様を上回り「最初で最後の」優勝をあげます。1978年はアロウズに移籍予定となるも精巣がんが見つかってしまい、参戦を断念し療養すると、ロータスに復帰したピーターソンは先ほど書いたチャンピオン争いの最中の死亡。ニルソンはピーターソンの葬儀に参列し、その1ヶ月後には闘病の甲斐もなく死亡してしまいました。
ロータスは歴史あるコンストラクターであるが故、現存しないドライバーも多く見られます。ただその中でもレースによる事故死(G・ヒルは航空機事故)が特に目立ちます。ロータス史をやるはずが何だかドライバーの死亡ネタが多くなってしまいましたね。話題変えましょう!

《表彰台回数 上位10位》
   1   32回 J・クラーク                10pts ★
   2   22回 A・セナ                         9pts
   3   20回 E・フィッティパルディ 8pts ★
   4   18回 R・ピーターソン           7pts
   5   16回 M・アンドレッティ       6pts ★
   6   10回 G・ヒル                         5pts ★
   7     9回 E・デ・アンジェリス    4pts
   8     8回 J・リント                      3pts ★
   9     5回 N・マンセル                  2pt
 10     4回 S・モス                         1pt
                G・ニルソン                  1pt
                I・アイルランド             1pt
                C・ロイテマン              1pt

《表彰台率 上位10位》
   1 46.5% E・フィッティパルディ 10pts ★
   2 45.8% A・セナ                           9pts
   3 43.8% J・クラーク                    8pts ★
   4 40.0% J・リント                        7pts ★
   5 30.8% S・モス                           6pts
   6 30.5% R・ピーターソン             5pts
   7 26.7% C・ロイテマン                4pts
   8 25.0% J・サーティース              3pts
   9 20.0% M・アンドレッティ        2pts ★
 10 16.7% D・ヒル                          1pt ★

今でこそ南米勢、特にブラジルはマッサが引退を迎えてF1から遠い存在になってしまいました。そのブラジルをF1大国に押し上げた代表はフィッティパルディに違いありません。先日孫がいよいよレースデビューしたということでフィッティパルディ家のレースの血が途絶える心配はなさそうですね!
2018年シーズンはアジア人もいない、ほとんどヨーロッパ人ドライバーが集結する中、中米メキシコのペレスがアメリカ大陸のF1熱を一手に引き受けています。イマイチなマシンで頑張れペレス!

《ドライバーズチャンピオン》
   1963年 J・クラーク                   7勝 / 10戦 10pts ★
   1965年 J・クラーク                   6勝 / 10戦 10pts ★
   1968年 G・ヒル                         3勝 / 12戦 10pts ★
   1970年 J・リント                      5勝 / 13戦 10pts ★
   1972年 E・フィッティパルディ 5勝 / 12戦 10pts ★
   1978年 M・アンドレッティ       6勝 / 16戦 10pts

集計してみます。たぶんですが、間違いなくですが、チャンピオンを2回取っちゃうくらいだからそうなると思います。

《ロータス オブ ロータス ランキング》
   1 85pts J・クラーク               ★★
   2 53pts M・アンドレッティ   ★
   3 50pts E・フィティパルディ ★
   4 48pts J・リント                   ★
   5 46pts A・セナ
   6 42pts R・ピーターソン
   7 35pts G・ヒル                     ★
   8 30pts S・モス
   9 18pts E・デ・アンジェリス
 10 11pts J・P・ジャリエ

ほらね、クラークで間違いない!仮にチャンピオン2回にならなくてもポイント上はミスターロータスに選ばれちゃいます。すごかったんでしょうね。ノンチャンピオンのセナ、ピーターソンもチャンピオン獲得者に負けない高得点を得ています。セナはマクラーレンでしこたま勝ってチャンピオンになれているから、ピーターソンも個人的にチャンピオンをあげたいと思います。もちろんモスにも。未だ健在!長生きしてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_7534
この複合コーナー好きですね。先日は何回かお世話になりました。日本より先に中国上海は天気に恵まれました。ドライコンディションになってよかった。

IMG_7535
IMG_7539
スタートでポールのベッテルは2番手ライコネンを警戒して幅寄せ。おいおい、そんなライン採ったら奇数列スタートのボッタスの前がガラ空きになるじゃないか?!
IMG_7540
ベッテル自身は1位通過を確実にし、その影響もあってインに追いやられたライコネンは行き場もなく加速が鈍りボッタスのみならずフェルスタッペンにまでチャンスを与えて、後ろのことは当然考えず。ハミルトンもあまりいいライン採りが出来ずに少なからず被害を受けたようにも見えます。

IMG_7541
いつものようにスタートを終えてしまえばレースは一定間隔を保って進行していきます。上位ではウルトラソフトタイヤスタートとなった3位のフェルスタッペンが18周目にピットインしてミディアムタイヤへ。ちょうどいい間隔で走行していた6位リカルドも続け様にピットへ。東海道新幹線の名古屋駅かのごとく過密作業で一気にさばいています。
ハミルトンは翌19周目、ボッタスは20周目とソフトタイヤ勢もアンダーカット対策で合わせこむと当然トップのベッテルも警戒しなければなりません。21周目にミディアムに履き替えてコースインすると、あれ?!
IMG_7545
ボッタスにアンダーカットされています。抜群の予選から「自己中な」スタートダッシュも簡単に無駄になってしまいました。さすがに易々と3連勝はさせてもらえないかな?!
IMG_7561
あはっ、いい笑顔。可愛い!

IMG_7546
スタートで弟に執拗なとばっちりを受けたアニキ。上位が定石のアンダーカット対策を採る中、頑なに走り続けています。いくらタイヤを保たすの好きとはいえ、居続けてもメリットがないのですが放置プレーになってます。まさかボッタスにわざと追いつかれて、それに追いついた弟にコース上でガチンコやらせるつもりでしょうか?!いくら仲がよく、スタートダッシュもパッシングの切れ味の悪いおっちゃんとはいえ、もしそうだとしたら扱いがぞんざい過ぎる。。
IMG_7548
IMG_7549
27周目にクタクタなライコネンをボッタスがかわし、一度抵抗すると見せかけて弟に引導を渡しています。予定が崩れた時のあたふた感がフェラーリらしい。こういうのを見ていると「ミスターF1」の貫禄や伝統が薄れてしまいます。

IMG_7553
IMG_7554
バーレーンでは健闘したトロ・ロッソの2人が中盤に差し掛かり接触。躊躇しつつ「お、実はイケるかも?!」と思い立ったかのようにノーズを差し込んだ後ろのガスリーが10秒加算ペナルティに。躊躇したらダメだ、行くなら行く、様子をみるかの判断も「クリーンなパッシング」の鉄則ですよね。これのお掃除によりセーフティカーか発動しました。ん、ピットレーンに紫色の物体が飛び込む
IMG_7557
タイヤ交換が早めだったフェルスタッペンが2ピットストップでソフトタイヤに履き替えます。またしてもリカルドと同時に過密ダイヤののぞみ号をさばく名古屋駅式(笑)ピットマンが優秀でこそなせる業ですね。どこかの名門には発想すらないだろうな。昔はやってたけど。
IMG_7559

他の上位が1ピットストップのためレッドブルが単に順位を落とすだけかと思いきやとんでもない、リカルドもフェルスタッペンも飛ぶ鳥を落とす勢いで二強にアタックしていきます。
IMG_7565
イケイケのリカルドはライコネン斬り
FullSizeRender
この距離からでも王者もズバッと
IMG_7570
IMG_7578
ランキングトップ?ベッテルも、へいへいへい!

FullSizeRender
IMG_7581
そんなのボクだってできるよって。わったったったー
IMG_7582
ハミルトン討伐でも一度しくじったフェルスタッペンは43周目にベッテルのインを突こうとして失敗、散らかってしまいました。10秒ペナルティ。でもそのチャレンジ精神はよろしい!今回はおとなし目なハミルトンと相変わらずボロ布扱いのライコネンはその隙に前に。一方ベッテルは戦意喪失でルノーのヒュルケンベルグ、マクラーレンのアロンソの餌食になるのでした。天国から一気に失意のGPとなっています。バチが当たったかな(笑)

IMG_7585
もう1人抜いちゃおっかな、だってタイヤまだ元気だもん、とお見事!
IMG_7587
IMG_7598
んーもうっ!

IMG_7594
《決勝結果》
   1 リカルド    (レッドブル・TAG)
   2 ボッタス    (メルセデス・M)
   3 ライコネン(フェラーリ・F)

いつものスタート以降の序盤のマッタリさに反してセーフティカーを境に急展開を見せた中国GPでした。レッドブルはこういう隙をつく勝ち方ができる戦略と人材を揃えています。予選のバタバタなんて忘れてしまいますね!
ここまでフェラーリ2勝、レッドブル1勝と最速と思われたメルセデスが未だにレースは勝てていません。当然これで済むチームではないことは今までのシーズンから察せますので、いかに今のうちにフェラーリやレッドブルが勝ちを重ねられるかでチャンピオンシップが活性化します。

《ドライバーズランキング》
   1 ベッテル     (フェラーリ・F)      54
   2 ハミルトン (メルセデス・M)     45
   3 ボッタス    (メルセデス・M)      40
   4 リカルド    (レッドブル・TAG)  37
   5 ライコネン (フェラーリ・F)      30

IMG_7595
《第3戦中国GPのポイント》
・レッドブルの器用さと破壊力はピカイチ
・スタートでの貪欲さが仇となったベッテル
・速くても勝てなきゃ意味ないメルセデス
・ライコネンはドM扱いも静かに結果プラス1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_7499
関東も雨が降ったり止んだりで風があります。だいぶ西に位置する上海も曇り空で風もあります。吹き流しの色がなんとも中国らしい。

IMG_7501
不安視されているレッドブルのリカルドはQ1が始まってもエンジンカバーを開けたまま作業中。間に合うのかな?!
IMG_7505
残り3分となり、急いで出発!テールスライドしています。一発勝負は14位となりギリギリ通過。一方で前戦バーレーンGPで健闘したトロ・ロッソのガスリーが17番手でウィリアムズと共にアウト。今回はハートレイに頑張ってもらうしかない。
IMG_7506
IMG_7507

IMG_7508
Q2はメルセデスとフェラーリのみが中間の硬さとなるソフトタイヤで挑んでいます。中国大得意なハミルトンが奮いません。ウォームアップに2周を要して1本目は6番手と三強で最下位です。一方で金曜も土曜も元気なのはライコネンでハミルトンらメルセデス陣営と違って一回で仕留めてきました。フェラーリとメルセデスのマシンの特性差が出ています。
FullSizeRender
IMG_7511
2本目はハミルトンもしっかり一回で修正と準備して1分32秒を切るトップタイムを出しています。まあ、やりゃできるんだよなハミルトンは。
IMG_7512
IMG_7515
IMG_7513
こちらも連続ポイントゲットで「見慣れた位置」にようやく名を連ねているマクラーレンのアロンソは13番手に終わる。なんだ、今回は予想の11番手よりちょいと下がった「テッパンの13番手」じゃないか、くそっ!
IMG_7514

IMG_7517
Q3の1本目もライコネンが最速セクタータイムを更新する好調さ。1分32秒も切る勢いはベッテルをも凌駕します。これなら今回はライコネンにポールを期待していいのかな?!
IMG_7523
2本目のアタックのボッタスはライコネンの0.4秒落ちでダメ、ハミルトンも諦める。逆にライコネンはさらにタイムを縮めてポール確定、、
IMG_7524
とはいかなかった!トップランカー、ベッテルを忘れちゃいけませんね。セクター3でマイナスにして0.09秒アニキを上回って最後の最後で「定位置」獲得。

IMG_7525
《予選結果》
   1 ベッテル    (フェラーリ・F)1分31秒095
   2 ライコネン(フェラーリ・F)1分31秒182
   3 ボッタス    (メルセデス・M)1分31秒625


《予想との答え合わせ》
予想の正解は5番手フェルスタッペン、6番手リカルド、12番手オコン、14番手バンドーンの4人か。グロ、サイではなくサイ、グロの順か、惜しいんだけど、いい線いってるんだけどもう、また1位ずつズレちゃうん。。

《ポールのベッテルQ3との差》 
   フェラーリ(ライコネン)が0.1秒落ち
   メルセデス(ボッタス)は0.5秒落ち
   レッドブル(フェルスタッペン)が0.7秒落ち
   ルノー(ヒュルケンベルグ)は1.4秒落ち
   フォース・インディア(ペレス)が1.7秒落ち
   ハース(マグヌッセン)は1.8秒落ち
   マクラーレン(アロンソ)が2.1秒落ち
   トロ・ロッソ(ハートレイ)は2.7秒落ち
   ウィリアムズ(シロトキン)が3.0秒落ち
   ザウバー(ルクレール)が3.4秒落ち

中国はメルセデスが有利と読みましたが、実際には曇り空で気温、路面温度も低く、風向きがフェラーリに向きました。明日の決勝もあまりいい天気ではないようですが、トップ3人が前回のバーレーンと全く同じ、ターン1も右コーナーでバーレーンと同じ。同じ匂いがしてならない。

《決勝の表彰台予想!》
   1 ベッテル    (フェラーリ・F)
   2 ボッタス    (メルセデス・M)
   3 ハミルトン(メルセデス・M)

というわけでアニキごめんね、スタートでもプンプン同じ匂いがしてきちゃいました。ボッタスが前。ハミルトンともしかしたら入れ替わる可能性も感じつつ、アニキにはまた無線でキャンキャン怒られてしまいそうだ、Copy!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ