F1 えきぞーすとのーと

よくあるニュースネタやこ難しいテクニカルな話ではなく、メインは予選や決勝のTV観戦したそのものを個人的観点から綴るF1ブログです。  また、懐かしのマシンやレースを振り返ったり、記録やデータからF1を分析。その他ミニカーやグッズ集めも好きなので、それらを絡めつつ広く深くアツくF1の面白さやすごさを発信し、楽しんでもらえたらいいなと思っています。

今回アブダビGPで振り返るのは、ちょうど5年前にあたる2012年です。レースやマシンでやっている「振り返るシリーズ」は大体5年以上前から選んでいるので、ギリギリです。2012年は過去に中国GP、スペインGP、日本GPとこのアブダビGPの後に控える最終戦ブラジルGPを振り返っているので、なかなか常連になってきました。
この時点でチャンピオンはまだ決定しておらず、ランキングトップはレッドブルのベッテルが240、2位にフェラーリのアロンソが227で続き、3位ロータスのライコネンは173と、チャンピオン争いは残り3戦のこの時点で3人に絞られています。

予選は肝心なベッテルが3番手と振るわず、アロンソに至ってはポールのハミルトンの0.95秒落ちの7番手となっています。さらにベッテルは予選後に自力でピットインすることができず、規定のガソリン量が残っていないため違反となり予選失格で最後尾まで降格することになりました。ポイントで有利な立場ではありますが、この時代は優勝に25ポイント付与されますから、仮にアロンソが2連勝、ベッテルが2位2回となった場合、1ポイント差でギリギリひっくり返すこともできます。ベッテル、くだらないトラブルで大ピンチ!

《予選結果》
     1 L・ハミルトン (マクラーレン・M)
     2 M・ウェバー   (レッドブル・R)
失格 S・ベッテル    (レッドブル・R)※
     3 P・マルドナド(ウィリアムズ・R)
        ※ガソリン残量違反で予選取り消し

ベッテルはピットレーンスタートを選択しています。最後尾でもピットレーンスタートでも、この順位なら変わらないか。
スタートはフロントロウの「ナンバー2」がもたもたよろよろ、、4番手に繰り上がったライコネンが一気に2位にジャンプアップして、チームメイトの「壁」はターゲットのアロンソにもハードブレーキングからかわされて、脆く崩れ去りました。ベッテル、こうなれば、1人で頑張るしかない。また、後続もターン1でウィリアムズのセナがフォース・インディアのヒュルケンベルグと交錯して、早くも戦線離脱。今回は「パッシングの仕方」が鬼門となっています。

ベッテルが追う!あれ?右フロント、、
ウィングの翼端板がありません。序盤から波乱です。ピットは取りあえず用意するも、やっぱ止め。

9周目にHRTのカーティケヤンにメルセデスのロズベルグがパッシングに失敗し、マシンを浮かせてカーティケヤンを飛び越える。ウィッキーさんに英会話講座をしてもらっているみたいだ(笑)2人とも体は無事。ロズベルグ、パッシング下手くそ。チャンピオンはしばらくお預けだな(結局4年も待つことに)

その事故によるセーフティカー先導中に珍事がありました。黄色いくちばしベッテルの前を金のくちばしのトロ・ロッソ、リカルドとウェービングの歩調が合わず
フロントウィング左側を「DRS区間開始」を示す看板にぶつけてしまいます。これで完全に壊してしまいました。いよいよピットで交換作業を決意。せっかく追い上げを開始していたのに、再度最後尾に戻るハメに。スタートで4位に上がったアロンソとの距離がまた離れ、チャンピオン争いをやっていく上でかなりのピンチです。
17位走行のロータスのグロージャンをコースからはみ出して抜こうとするベッテル、これはダメだろ。焦っています。

20周目にポールからいつものように逃げを図るハミルトンの出力が落ちリタイヤ。これでトップがライコネンに変わりました。スタートダッシュの甲斐がありましたね。アロンソもマルドナドをかわして2位に順位を上げています。次にマルドナドに迫るのはスタートでしでかしてしまったウェバーはアウトから
あらら、違う。抜きにかかったはずがスピンでさらに7位まで順位を落とす。今日はウェバーの日ではないらしい。では続くマルドナドへのチャレンジャーとなったマクラーレンのバトンはインから
正解!さすがチャンピオン経験者。順位を取り戻したいウェバーはマッサをどうさばくか?またアウトから??
だから違うって!コース外から前に出るとマッサがとばっちり。その間に8位まで順位を上げていたベッテルにまでかわされてしまいます。マッサとしてはアロンソとベッテルの間に居座りたいところだし、もはやアロンソを抑え込めないいいところなしのウェバーはこれが狙いだったか?!(笑)ウェバーとベッテルが前後になるとうまい具合にウェバーをピットインさせて、ベッテルを前に。これで3位まで浮上。

38周目に入り、グロージャン、ディ・レスタ、ペレスそして遅ればせながらまたまたウェバーの4人で5位争いを始めました。まずディ・レスタがグロージャンにアクションを起こし、グロージャンの背後に隙を伺うペレスがピタリと張り付いています。
うわ、ペレスがアウトから
やっぱりコース外にはじき出されて、強引なコース復帰すると
あららら、、
後ろで傍観していたつもりのイマイチなウェバーを巻き添えに、明後日の方向に追いやりペレスか引っ掻き回してしまいました。名門マクラーレンへの移籍も決まっている調子に乗るペレスには手痛いストップアンドゴーペナルティが下ります。

終盤に入ると、後方の雑踏を知らないアロンソがファステストラップでライコネンを捕まえにいきます。チームからライコネンにアロンソとのギャップについて情報が飛びました。それに対して
「ちょっと一人に放っておいてくれ。自分のしていることはわかってる」
ライコネンの性格を象徴するような有名な返しです。ラスト3周で3位のバトンをかわしたベッテルは何とかアロンソの背後までリカバリー。ピットレーンスタートから接触にアクシデントとベッテルにとってはなかなかな試練を最小限に止めています。

《決勝結果》
   1 K・ライコネン(ロータス・R)
   2 F・アロンソ    (フェラーリ・F)
   3 S・ベッテル    (レッドブル・ R)

2007年にチャンピオンを獲得し、2009年で一度F1を離れたライコネンは2009年のベルギーGP以来となる3年2ヶ月振りの優勝となりました。ただし、優勝したもののポイントランキングの上位の2人もポイントを獲得しているため、ライコネンはこの時点でチャンピオン争いから脱落するという現象が起きています。また、この3戦後となる翌2013年開幕戦オーストラリアGPでも優勝したライコネンはそれを最後に優勝からは4年以上遠ざかっています。来シーズンもフェラーリドライバーが決定していますので、そろそろ訪れるであろう「有終の美」の準備と覚悟で頑張ってほしいですね。

このシーン、何度見ても笑えます(笑)好きです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

シーズン序盤に行われた中東に再び戻り、いよいよ今シーズンもラストレースですね。アブダビは近年のF1では珍しい、国名のGPではなく、地区の名前を冠したものになります。
《国の基本情報ほか》
国名称:アラブ首長国連邦
  人口  :915万7千人(世界第93位)
  面積  :8万3千㎢(世界第113位)
  設立  :1971年にイギリスから独立
主言語:アラビア語
  首都  :アブダビ
  通貨  :UAEディルハム

F1開催期間と数:2009〜(9回目)
開催サーキット:ヤス・マリーナ
F1ドライバー数:0人
F1チャンピオン:0人
現役ドライバー:0人
著名ドライバー:なし

アラブ首長国連邦はアブダビ、アジュマーン、フジャイラ、シャールジャ、ドバイ、ラアス・アル=ハイマ、ウンム・アル=カイワインの7つの首長国から構成されています。この中でよく聞くのはドバイやF1の行われるアブダビあたりですよね。権力のある首長(国や選出方法で多少異なる)が寄り集まって国を成しているということです。ちなみにバーレーンGPの前に書いたブルジュ・ハリファの「ハリファ国王」はアブダビの首長になります。建設当初は「ブルジュ・ドバイ」でしたが、竣工直前に負債を抱えたため改称されています。また、首長は英語でEmirate。F1のスポンサーとしても有名なエミレーツ航空はドバイ拠点の航空会社です。アブダビGP自体は同じアラブの拠点を置くエティハド航空が主催しています。アラブ首長国連邦はサッカーやオリンピックではUnited Arab Emiratesの頭文字からUAEと略されています。
このエリアはメソポタミア文明の時代から考えるととても長い歴史が刻まれています。かつてはイスラム帝国、オスマン帝国、ポルトガルやイギリスの統治時代を経て、1950年代に入ると貿易中継拠点に加え、石油が発掘されて大当たり!1971年にイギリスから独立して現在に至ります。当初はバーレーンやカタールを含めた9つの首長国で国を形成する予定でしたが、結局合意に至らず別国となっています。
国土は言うまでもなく砂漠です。海は近いのに、淡水は海水から機械を通して得ます。気候区分もバーレーンと同様に砂漠気候で、夏は50℃近くまで気温が上昇し、GPが開催される11月末でも35℃〜20℃の範囲にあるので暑いです。この時期、それもナイトレースでないと、とてもやっていられませんね。参考までに、ご近所同士のバーレーン国際サーキットとヤス・マリーナサーキットまでの道のりはこんな感じです。820kmの距離を車で8時間くらい。カタールを避けて砂漠を回ると1時間のロスです。急ぐ方はペルシャ湾沿いを走りましょう!開催時期が違い過ぎて、ハシゴする人はまずいないと思われます(笑)

《ヤス・マリーナ》
  所在地 :アブダビ市ヤス島
市域人口:200万人
市域面積:67,000㎢
標準時差:UTC+4:00(日本から-5:00)
  F1開催 :2009〜(9回目)
一周距離:5.554km
初代優勝:S・ベッテル(レッドブル)
最多優勝:S・ベッテル(3回)
最多P.P. :L・ハミルトン(3回)
最速P.P. :1分38秒481 S・ベッテル(2011)
最多F.L. :S・ベッテル(3回)
最速F.L. :1分40秒279 S・ベッテル(2009)

2009年の初開催から現地時間の17時スタートのナイトレース(トワイライトレース)で開催されています。ヤス島というほぼ大陸繋ぎになっている島に設営されたヘルマン・ティルケ印のサーキットです。航空写真を見ると、まるで「砂の中にあるナスカの地上絵」のようです。そしてそのサーキットよりも異彩を放つのがこれ
ヒトデみたいです。フェラーリの遊園地「フェラーリ・ワールド・アブダビ」です。イタリアGPではスタンドでフェラーリの紋章をデカデカと掲げるシーンが見られますが、ココはそんな必要もなし、すでにバックにこんなデカいのがありますから。アトラクションの目玉は一般人でも擬似F1を味わえる「フォーミュラ・ロッサ」があります。100km/hまで約2秒、出発5秒後には世界最速の239km/hに到達するとのこと。レイアウトは単純ですから、あくまで速度感を楽しむものでしょうか。速過ぎる、また砂漠の中にあるため、乗車時にゴーグル着用が義務付けられています。目も乾きそうだし、砂がその速度で眼球に当たれば、散弾銃みたいになりそうだ。なぜアブダビにフェラーリ?!アラブの石油王を市販車のターゲットにしているんでしょうか。一昔前であればモンツァとイモラがフェラーリの本拠地みたいな感じですが、現代はモンツァとココになりそうですね。
メキシコのエルマノス・ロドリゲスとはまた違った拳銃型で長いストレートが2本あるものの、ゆったりな前半セクションに相反して、ターン11から始まる終盤は市街地サーキットのような直角コーナーが慌ただしく始まります。このサーキットは立体交差するピットレーンと駅の行き先案内みたいにパカパカ切り替わる看板が印象的です。ナイトレースでそれが尚更に映えます。

以前にベネトンB194を取り上げました。今回はベネトンで唯一コンストラクターズチャンピオンを獲得した1995年のB195をみていきます。

《設計》
ロリー・バーン
ロス・ブラウン

《外見》
B194で緑だった部分が白に変更され、全体的に青みの目立つカラーリングになりました。それもあってかボリューミーに感じます。特徴的なせり上がるノーズコーンに縦長のサイドポンツーン開口。そしてこのマシンはフロントウィング翼端部も当初は立ち上がっている時期があるなど、曲線的な部分も強調されますが、基本的にはB194からの正常進化であるため、外見で大幅な変更には至っていません。
ただし、全長は大幅に延長されています。それもそのはず、フォードV8からルノーV10にこのシーズンから載せ替えることを選びました。これで当時強敵であったウィリアムズと横並びになります。気筒数が増えると高回転に対応可能、高出力化に繋がりますが、エンジンの大型化や重量増に波及します。それがB194から「正常進化」だけでは足りない部分だったかもしれません。エンジンカバー後部のリヤサスペンションには延長部分を覆うようにスリット付きの扁平ウィングを装着しています。
スポンサーは変わらずの日本たばこ産業(JT)とサイドポンツーンに黄色でデカデカと際立つビッツブルガーのロゴマーク。タバコと酒の合わせ技は今の時代にはあり得ないであろうオトナなコンビネーションです。この頃からIT業界も徐々に進出し、ヒューレッドパッカード(HP)やコンパックなどもスポンサーについています。マシンに文字が沢山入っていた時代です。フロントウィングにはmiyabikun御用達のミニチャンプスも入っています。これはあくまでモデルカーでなく、本物。

このマシンには「弟分」がいるのも有名ですよね。ルノーエンジンは元々リジェが搭載していました。フラビオ・ブリアトーレがこのベネトンにスイッチするよう計らい、こちらはミナルディが搭載予定としていた無限ホンダを手に入れ、フォードV8から無限ホンダV10を搭載予定だったミナルディが結局そのままフォードV8のままという「エンジン横取り」さらにはB195をリジェJS41として「非常によく似た」マシンとして使用するようになります。コンコルド協定で「各社でマシンを製造すること」というものに抵触しているのでは?という疑惑がかかりました。こうしてみると、そっくりだ。

《エンジン》
ルノーRS7
V型10気筒・バンク角67度
排気量:3,000cc(推定)
最高回転数:14,000rpm(推定)
最大馬力:639馬力(推定)
スパークプラグ:チャンピオン
燃料・潤滑油:エルフ

《シャシー》
全長:4,500mm
全幅: - mm
全高:950mm
最低車体重量:595kg(ドライバー含む)
燃料タンク容量: - ℓ
クラッチ:AP
ブレーキキャリパー:ブレンボ
ブレーキディスク:カーボンインダストリー
ブレーキパッド:ヒトコ
ホイール:BBS
サスペンション:フロント プッシュロッド
                                 リヤ    プッシュロッド
タイヤ:グッドイヤー

《ドライバー》
No.1 ミハエル・シューマッハ(全戦)
No.2 ジョニー・ハーバート(全戦)

《戦績》
147ポイント コンストラクター1位
(1位11回、2位2回、3位2回、4位4回ほか)
ポールポジション4回

チャンピオンを獲得したM・シューマッハと1989年の途中離脱となったF1デビュー以来1994年から復帰したハーバートが正ドライバーとしてコンビを組んでいます。一時期は片山右京がこのマシンに乗るのでは?!と言われていましたが、残念ながら至りませんでした。もしドライブしていたら、ハーバートに肉薄したか、あるいは少し下か。日本人としては期待したいところでしたよね。
若きチャンピオンと最強ルノーV10に換装した組合せには大いに期待されますが、シーズン前テストではトラブルも多く、先日振り返った開幕戦ブラジルGPで「ヒルからの棚ぼた優勝」を飾るも「信頼性とドライバビリティ」については劣勢と不安を抱えていました。それはこのベネトンに限らず、全てのマシンやチームが抱えた悩みの種でもありました。ハイテク機器を取り上げられ「大事故」からの安全対策、ドライバー自体の全体的な若年化や未熟さも相まっての「F1倦怠期」でした。そこでチームは前年と同様に「再給油」をはじめとした戦略的勝利を企てます。最大のライバルであるウィリアムズFW17は12回のポールポジション獲得に優勝5回と比較すると、このB195はポールポジション4回、優勝11回と明らかに「勝利へのプロセス」が異なります。速さはあれど不安定なライバルの隙を突く戦略です。
第3戦サンマリノGPでシューマッハがコースアウトしてリタイヤして以降は扱いに厳しいマシンを巧みに乗りこなし、スペイン、モナコで優勝するなどごまかし堪えながら復調をみせています。また、シューマッハの腕や見合った戦略だけではなく、マシン改良にも手を抜かず、第7戦フランスGPからエアインテーク改良を施すなど、レギュレーション変更への柔軟な対応も確実に「ベネトンの連覇と完全勝利」へと利いています。結果的にシューマッハは全17戦中9勝、11回の登壇で2位のD・ヒルを大きく引き離す2度目のチャンピオンを獲得しています。
一方で出戻りのハーバートが非常に出来が悪かったわけでもなく、シューマッハの落とした第8戦イギリスGPは母国での初優勝と第12戦イタリアGPでも勝ち、自身最高位の年間4位で終えています。ただ、シューマッハとの関係は決していいものではなく、第2戦アルゼンチンGPから「シューマッハはハーバートのデータロガーを見れても、ハーバートはブラウンを介しても見ることができない」などチーム自体がシューマッハ寄りの体制にあったことに憤りを感じて、このシーズンを最後にチーム去り、ザウバーへ移籍しています。

最強エンジンを得て、適応力ある有能な若手ドライバー、欠点を補う改良と戦略に「注力」したことで、前年のヒヤヒヤで「グレーな」戴冠でなく、確実なダブル戴冠を得たチームとこのマシン(エンジン騒動やマシン横流しという意味ではやはりグレー?)よく言えば「ここまで弱点を打ち消し、工夫を凝らせば鬼に金棒」だし、悪く言うと「チーム首脳とルノーエンジンによる、シューマッハだけのためのチーム」として、ここからシューマッハ最強王国確立が始まりました。シューマッハ自身もこのシーズンを最後に「ミスターF1」のフェラーリの再建にシフトしていきますが、この体制をそのまま引き連れた形で数々の成功を重ねています。昔から求められるチームの復調や再建は、本来はここまでやらないと、ここまでやっても数年かかってしまうわけで、近年はここまで思い切った「戦略」は採らず、大幅レギュレーション変更のチャンスに依存するしかなくなってしまっているのが、ドライバーもファンも残念な部分かもしれません。

マシンそのもの以上に「シューマッハと周囲の仲間たち」がうまい具合に化学反応を起こした結果、がこのマシンに多大な評価をもたらしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ